ロッシ『ペドロサはヤマハにとって助けになるだろう』2018バルセロナGP

Pocket

『ロッシ:ペドロサはヤマハにとって助けになるだろう』

rossi-petrucci.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が6月14日(木)、バルセロナGP会見で次のように語った。

【各チームの契約交渉がまとまりつつある中、今日はペドロサ選手が会見を開いていたが…】
「(ペドロサの)会見映像を観たら大勢が詰めかけていたんで、てっきり引退するのかと思い、寂しい気持ちになってたんですよ。
いまだモトGP最強ライダーの1人だし、2006年から僕にとっては手強いライバルですからねぇ。このまま続けてくれるなら嬉しいし、ダニ(ペドロサ)にとってもチャンピオンシップにとっても良いことだと思います。」

【ペトロナスが出資を検討しているヤマハのプライベートチームに、ペドロサ選手が移籍する可能性は?】
「ダニの存在は助けになってくれるでしょうね。最強ライダーとして、こちらが学べる点が多いだけじゃなく、ホンダ機に10年以上乗ってたんだからマシンを比較しての情報を提供してくれるでしょう。
入ってきてくれたら良いんですけどねぇ…絶対に面白いことになるでしょう。ただ、その反面、同じメーカー内の強力ライバルにはなるだろうけど。」

【ホンダの方はマルケス&ロレンソと言う強力チームとなり…いわゆる鶏小屋に雄鶏が2羽いる状態になるのでは?】
「なにか起きていくんじゃないかなぁ…ドミノ倒しみたいにね。もちろん、マルク&ホルヘチーム結成は爆弾ニュースでしたよ。
当然、どちらも相手を凌いでいきたいだろうし、ホルヘはホンダ機に乗ったらかなり速いでしょう。
常に、こう言う場合は良い面と悪い面があるもんで…そばに良いお手本がある反面、それを抜くのは難しいわけですよ。
マルケスは常に『強いチームメイトが欲しい』って言ってたし、いまやそれが現実となったわけだ。ただ、ペドロサの時だって同じことは言えたわけでね。」

【先ごろ、バルセロナで行ったテストでヤマハは好調だったようだが、今回のレースに向けては?】
「僕は準備万端ですよ。調子も良いし、面白いレースになるんじゃないかと思ってます。
テストでは作業を前に進められたし、マシンの乗り心地もけっこう良かったです。1周タイムなんか特にね。
旧レイアウトに戻ったんでトラックは良くなりました。第9コーナーが昔より遅くなってしまったのが残念だけど、でも、少なくともラスト2ヶ所の大曲コーナーは復活してくれたから。
あと、新アスファルトに関しては良い仕事をしてくれましたね。陥没も少ないし、グリップもけっこうあるし。」

【メレガッリチームマネージャーが『バルセロナとアッセンでポイントが稼げる』と言っていたが…】
「ル・マンやムジェッロでの状況みたいになるんじゃないかなぁと、僕は思ってます。
週末、上手いこと作業し、的確な選択ができれば表彰台争いに加わっていけるだろうし、好リザルトも望めるでしょう。
去年、ここのトラックで問題点が浮き彫りになってきたんですよね…2016年には優勝したって言うのに。
今日は、この前のヘレス戦より戦闘力が上がってくれたら良いなぁと思ってますけどね。」

(2018年06月14日『Gpone』記事参照)


古沢政生氏がいた頃のような大改革が必要だと訴えるロッシ選手…
では、具体的にどんな大改革が必要なのか?
詳しくは、こちらでどうぞ。

2018ムジェッロGPまとめその2 ヤマハ&スズキ、ホンダ契約まとめ[2018年6月14日 発行 Vol. 191

●ヴァレンティーノ・ロッシ
・ご長寿PP獲得2位
・石橋を叩いて渡るタイヤ選択で苦戦
・フルサワ時代のような大改革が必要
・ヤマハは何をしなければならないのか?
・マルケス&ロレンソについて

Vol. 191』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』05月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』04~06月分季刊号は12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top