ヤマハ、謝罪について解説:リン・ジャーヴィス

Pocket

『ジャーヴィス:ヤマハ緊急、トップ復帰を目指しテスト2回』

DkVIA86W4AEtRKA.jpg


★ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が8月12日、オーストリアGP決勝戦でグリッド14位からスタートし、6位でゴールした。なお、首位とのタイム差は14.026秒。

★チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスはグリッド11位からスタートし、12位でゴールした。首位とのタイム差は22.939秒。

★レース後、リン・ジャーヴィス氏(ヤマハ・マネージングディレクター)がイタリア衛星放送『SKY』のインタビューで、次のように語った。

「我々が苦戦していることは明白です。昨日の会見ではツヤプロジェクトリーダーが、ヤマハのマシンが遅れを取っていることを認めていましたが、我々にとって今回が今年の最悪なのだと願うばかりです。
昨日の予選は最悪な結果となり、ツヤは自身の技術的な責任を認めました。選手の不満を常に耳にするのは、やはり嫌なもので…選手が満足していないわけですからね。なかなか届かない新マテリアルを待ち続けている状態なのですから。」

【今回、ロッシ選手の方は多少ポジティブな結果となったが…】
「我々は現在、作業を続けているところですが、今日のヴァレ(ロッシ)のレースには満足しています。14位から6位まで追い上げましたからね。
ドゥカティとホンダが素晴らしいレースをしていましたが、我々もまた常に彼らと戦って行きたいと思ってます。ただ、今現在は不可能ですが。
また、今日はマーヴェリックにとって実に厳しい1日となってしまいました。確かに見応えあるレースをしたとは言えません。いつも通り、レース序盤で苦戦してしまい、その後も好調な走りをすることは叶いませんでした。」

【ヴィニャーレス選手は2017年にあんなに活躍していたのに…】
「マヴェリックの置かれた状況を、きちんと理解してやることが必要でしょう。
2017年は冬季テストでずっと速い走りを見せ、開幕してからは3勝をあげたものの、それ以降は、その頃のハイレベルな状態に戻れずにいます。
才能豊かで、やる気に満ちてはいるが、まだ若いライダーなのです。順風の時だけでなく、逆風の時にも上手く事態に対処していけるよう学ぶ必要があるのです。
今年は厳しい年で、強い走りのライダーが大勢いるなか、うちは本当に苦戦しているのですから。もう1年以上も優勝から遠ざかり、マーヴェリックも苦しんでいます。
若年であると言うことも…やる気に満ちていると言うことも配慮される必要があるでしょう。マーヴェリックの置かれた状況は、ヴァレとは一緒にならないのですから。」

【ツヤ氏の会見について、どう思う?】
「昨日の会見は、全くもって尋常ならざるものでした。日本人とは名誉を重んじる文化を有しており、あれだけ大勢のジャーナリストの前で自身の非を認めるのは容易なことではなかったでしょう。
同会見を評価しなかったジャーナリストらがいることも承知しているが、もっと俯瞰して状況を捉えるべきではないでしょうか。
ツヤはモトGPのプロジェクトリーダーであり、現在のマシンでは両選手の実力に相応するようなものを提供できないと言うことを言ったのです。」

[ 後半に続く ]

jarvis (3).jpg


(2018年08月12日『Gpone』記事参照)


2018ブルノGPこぼれ話は無料閲覧『note』で!!


いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to ヤマハ、謝罪について解説:リン・ジャーヴィス

  1. 温泉ガッパ 2018年8月13日 at 6:41 PM #

    エンジンレイアウトの問題でV4に勝てないのなら致命的だよね。
    まあ、アプリリア、KTMもV4で勝ててないけど。
    ビックバンエンジンとか、色々試してるみたいだけど、共通電制システムと相性が悪いのか、元々ドゥカティと共同開発した電制システムだって話だし。
    スズキはGSV-Rの復活や、ヤマハV4エンジン開発とか、ビックニュースは出て来るのかな。

コメントを残す

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Top