MotoGP

超低速ライダー問題『モトGPライセンスが必要!』2018ミザノGP

『選手ら、ポンソンを擁護するが、スーパーライセンスは必要』

ponsson1.jpg


★9月7日、ミザノ戦FP1セッションでティト・ラバト代役のクリストフ・ポンソン(ドゥカティ・アヴィンティア)は107%オーバーで失格。首位と7.4秒差、最下位ライダーと4.5秒差だった。

★ポンソン選手は午後FP2セッションでも首位と約6秒差で最下位だった。

★超低速ライダーが参戦することを、各選手が危険視している。

・マルク・マルケス
「セーフティコミッション会合で絶対に議題に上がるでしょう。もちろん、本人が悪いわけじゃないんですけどね。モトGP機って言うのは本当に操縦が難しいんですよ。タイヤや電制システムを理解するのがね。いっぺんに色々なことをやらなければならないから。
FP1セッションで(ポンソンの)後ろについて走ってみたんですが、本当にかなり遅いんですよ。ただ、仕方がないんですけどね。僕だって初めてモトGP機に乗った時はかなり遅かったから。
でも、今後はこう言う事態に備えてきちんと考えていかないと。トラックで走っているのが、皆、同様に速いなら、誰が前にいても信用できるけど、5〜6秒遅いライダーがいると何かと変わってしまうんです。走行ラインが違いすぎるんですよ。
F1みたいに『スーパーライセンス』みたいなものがモトGPにもあれば良いんじゃないんですか。モトGP機と言うのは世界で1番速いマシンなんですから。GP参戦の前に、一度試しておかないと。
107%オーバーさえしなければ良いと思われてるのかもしれないけど、それだけじゃないから。
レースで何も起きなければ問題ないですよ。でも、とにかく、将来的には変えていかなければ。」

・ヴァレンティーノ・ロッシ
「まず第一に、モトGP機で走ったことが皆無の状態で、いきなりGPデビューさせるのが間違ってるんですよ。(ポンソンに対して)お気の毒だなぁ〜って気持ちになりますよね。
ポンソンのことは良く知らないし、多分、優秀なライダーなのでしょ。でも、モトGPと言うのは世界最高のライダーが走っているところなのだから、少なくとも、もっと経験を積んだライダーが出てこないと。」

・アンドレア・ドヴィツィオーゾ
「まぁ、予想されていたことですからね。モトGP機の経験なしで出てきたら、こう言うことになってしまうでしょ。
モトGP機と言うのは、他の選手権で使われているマシンとはあまりに別物なんですよ。とにかく、あらゆる面において極限まで行ってしまってるから。ブレーキやタイヤ、電制システムを理解せずに乗ったら、厄介なことになってしまうんです。経験なしで来て、僕らみたいなタイムを出せるライダーなんていませんから。
まぁ、(経験なしでの参加は)良いこととは言えませんよね。」

・ダニーロ・ペトルッチ
「午前も午後も、ポンソン参加に関してはちょっと一言言いたかったんですよね。あれだけ遅いライダー相手にどれだけスペースを取れば良いのか。危険かどうかって…まぁ、初乗りで、初めてのタイヤでいきなりデビューしてくるなんて、度胸があるってとこじゃないんですか。
トラックで走ってるとこを見たけど、問題はそれなりに強いハードブレーキングをしてるってことなんです。つまり、抜きにくいわけだ。ただ、コーナー中盤で立ち往生してるから、更に危険なんですよ。ハードブレーキングでプッシュするのに、その後、ウロウロされたら、もう、後ろで泣いてるしかないじゃないですか。
どうして、今回、出てくることになったのかは知らないが、僕なら他の代役を探したでしょうね。
とにかく、107%オーバーにはなっていないんだからレースには出るわけでしょ。セッション毎に速くなっていってくれると良いんですけどねぇ。
ただ、誰がやったって容易なことじゃないんですよ。例えば、僕が今、別のマシンに乗せられたら、短時間で理解するのは難しいんだから。
大きな問題にならなければ良いんですけどねぇ。良いレースをして、楽しんでくれたら良いんですが。本人にとっては最高の経験なんだから。」

・ホルヘ・ロレンソ
「午前中、トラックで見かけました。アウト側から抜いてみたんだけど、多分、僕のキャリアで最も簡単なアウト側オーバーテイクだったんじゃないのかなぁ。
当然、初めてのモトGP機なんだから、彼にとっては本当に難しいでしょ。たとえ、ベストを尽くそうとしていてもね。
僕としては、もう少しモトGP機の経験があるライダーを参加させるべきだと思います。
『スーパーライセンス』に関しては、ちょっと驚いたけど、良いアイデアなのかもしれませんね。
8秒遅れのライダーを走らせるのは危険ですよ。こう言う速度やブレーキングポイントの経験がないわけでしょ。他の選手権とは別物なんだから。」

(2018年09月7日『Gpone』記事参照)


バウティスタ選手はメランドリ後任となったわけですが、実は、背後に大人の事情があったって話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4761272368″ locale=”JP” title=”DVD1枚、CD2枚付き 完全版 超低速メソッド 英語発音トレーニング”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. カル より:

    まぁそうなるわな。走るシケイン状態。

  2. 74SHOJIRO より:

    何故、彼にしたんだろ?

    コネ?

  3. V3 より:

    速いライダーは契約あるからほいほい出られないんでしょう
    ピッロがワイルドカード出場じゃなきゃピッロだったのでは?
    ってかアラゴン以降はピッロかな?

  4. omiya より:

    ジョナサン・レイがペドロサの代役で出たときも決して速くはなかったくらいですからね。

  5. MIC より:

    89〜90年ワークスマシンに混じってRSやRGB(!}が走っていたことを思えば…

    • maxtu より:

      同感ですね
      80年代のプライベート勢を華麗に抜いていたキングケニーを思い出すけど、レースが中止になった80年代のザルツブルクとこの前のシルバーストーンの違いのように昔は色々と寛容だったんだねぇ

  6. gsax3 より:

    周回遅れ見るのって,いつ以来だろう?
    先頭陣の,彼の取り扱い方がレース結果に影響が出そう...

  7. 87 garage より:

    重大なアクシデントの発端にならないことを祈る!

    走る本人も ビビるだろうな…

    マシンは違うし、周りのペース違うし!

    とりあえず完走から 目指して頑張れ‼️

    中継にも写るだろうから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP