Moto Racing | Europe

14才スペイン人ライダー、レース転倒で死亡

『14才スペイン人ライダー、レース転倒で死亡』

★3月24日(日)、ヘレス・サーキットで開催されていた『アンダルシア・オートバイ選手権』のスーパースポーツ300クラスで、マルコス・ガリード(14才)が死亡した。

★ガリード選手は第2〜第3コーナーの間でスリップ転倒直後、後続ライダーに轢かれ重体となり、ヘレスの病院へ搬送されたものの、もはや手の施しようがなく、約1時間後に亡くなった。

★マルケス兄弟やマーヴェリック・ヴィニャーレス、アレイシ・エスパルガロ、アルヴァロ・バウティスタら大勢が弔事ツイートを掲載している。

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP