MotoGP

2019 バレンシアGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】



『2019 バレンシア モトGP FP2トピックス』

★11月15日(金)、バレンシア戦 モトGPクラスのFP2が行われた。

★首位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)。ヤマハ勢トップ。FP1も首位。2020年は最新ファクトリー機が提供される。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは5位(VR46ライダーズアカデミー)。

★2位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは14位。ヤマハ勢ワースト。また転倒(第10コーナー)。FP1では第4コーナーでスリップ転倒。もともと同トラックは苦手。

★3位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、チャンピオン確定済)。レースペース作業に集中。
チームメイトのホルヘ・ロレンソは16位。首位と1.145秒差。同GP終了時に引退

★4位ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック、GP19機)。ドゥカティ勢で唯一好調。第2コーナーでスリップ転倒。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは15位(GP18機、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)。来季は最新ファクトリー機を使用。

★6位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは7位(ルーキー)。

★8位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。
チームメイトのアンドレア・イアンノーネは21位。

★9位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)。終盤、フロントから謎の液体漏れでボックス帰還、セカンドマシンに乗り換え。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは12位。
ワイルドカードのミケーレ・ピッロは13位(テストライダー)。

★10位ヨハン・ザルコ(ホンダLCR)。ナカガミ代役として3回目の参戦。ホンダ勢では唯一2018年版マシンを使用。
チームメイトのカル・クラッチローは11位。

★17位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)。昨年の同GPではウェットでKTM初表彰台を獲得。
チームメイトのミカ・カリオは20位(テストライダー)。ヨハン・ザルコ後任。

★22位ハフィス・シャーリン(KTMテック3)。
チームメイトのイケル・レクオナは23位(ミゲル・オリヴェイラ代役)。最下位。チームメイトと0.227秒差。来季、同チームよりモトGP昇格する。オリヴェイラ選手は豪GPでの転倒により古傷が悪化し、3日に肩の手術を受けた。

『2019 バレンシア モトGP FP2リザルト』



『2019 バレンシア モトGP FP総合』




(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

POSTED COMMENT

  1. なお より:

    ザルコは狙ったかのようにクラッチローの前に出ますね
    このまま行けば本当にレプソルかLCRかわかりませんが来年のシートが手に入るかも。

    しかし、リザルトシートの一番下に光るJorge LORENZOの文字が悲しいなぁ。。。

  2. NSR50 より:

    しかしロレンゾより下位のライダーが同じRC213に乗ってもそれ以上のタイムが出るかと思うと、ほんと惜しい。
    マルケスとバトルしたうえでのワンツーフィニッシュを一度でいいから見てみたかった。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP