MotoGP

『ロッシとドヴィはもうリスクを負いたくない』スコット・レディング

『レディング:ロッシとドヴィはもうリスクを負いたくない』

★スコット・レディング(26才)は今季、ブリティッシュスーパーバイク選手権(BSB)で総合優勝し、2020年はアルヴァロ・バウティスタ後任としてドゥカティよりスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦する。

★レディング選手は2013年にモト2クラスで総合2位を獲得(総合首位はポル・エスパルガロ)。
2014年にホンダグレジーニからモトGP昇格し、その後、ドゥカティやアプリリアに移籍し、2019年はBSBに移った。

★レディング選手が昨今のモトGPについて、次のように話した。

【ホルヘ・ロレンソ引退については?】
「もっと早く引退すると思ってましたね。ホンダに移ったものの、上手くいかなかったわけで。結果を出せないってことが、どう言うことかは良く分かりますよ。
しかも、タイトルを何回も取り、僕なんかより多くを獲得してきたライダーなんだから。ロレンソがどんな状況だったか…想像でしかないけど、毎日悶々としてたんじゃないの。
ずっとそうやってなんていられないでしょ。口座に1億ユーロ(約120億円)あって、でかい家も何軒も持ってるんだから。辞めて当然でしょう。
ベストな決断だったんじゃないんですか。ケガをして自信を失ってしまったのだから。」

【ドゥカティ時代のヴァレンティーノ・ロッシを彷彿させ…】
「あの当時は、いつ引退してもおかしくないって感じでしたよね。そうしたらヤマハに移って、好結果を出して続けることとなったわけで。
ライダーってのは、とにかくリザルト次第だから。結果を出せてるうちは辞める理由なんてありませんからね。
たとえ転倒したって、若いなら持ち堪えて戦っていけるもんだし。ところが年を取ってくると、なんで続けてるのかなぁ〜って疑問がどうしても出てくるもんなんですよ。
だからロッシだって好結果を出してこれなかったら、絶対、早々に辞めてたでしょうね。」

【来年、ロッシ選手が引退するかどうか取り沙汰されているが…】
「ドヴィツィオーゾもロッシみたいな状態でしょうね。あの辺のライダーはそれなりの年齢になってきてるし、いまや物凄い速さのも若手が出てきてるわけでしょ。
皆、マルケスになぎ倒されて、高齢ライダー陣にはもはや、それほどリスクを負って走る気もないわけで。まぁ、昔からずっと、そう言うもんだったんだしね。
ロレンソはビッグライダーですよ…変わったタイプでしたけどね。まぁ、皆、そんなもんですけどねぇ。全盛期は無敵って感じでね。僕もロレンソ相手に良いレースをしたこともあるし、多くを学ばせてもらいましたよ。
だから、引退後も活躍して欲しいと思ってます。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ロッシ選手だけがヴァレンシアの低温レースは危険だと力説してたって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. なお より:

    これで26歳?!(笑

  2. より:

    素行悪そうだな

  3. おしりプリプリ より:

    写真のセレクトナイス!セリフつけてあげたい

  4. 名無し より:

    ついにレディング様が世界選手権に帰ってきたぞ!
    ってトコですかね。

    トークも楽しみですがSBKで先ずは結果を。

  5. 通りすがり より:

    何様?

  6. ジージ より:

    あのワンマンCEOと衝突しなきゃ良いけど、過去にも色んな人とぶつかっているだけに。

  7. カルシウム より:

    俺様w

  8. リッターSS乗り より:

    すげえ貫禄(笑)

  9. happyone より:

    なんでヤクザの写真が…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP