MotoGP

2020 カタールテスト初日【モトGP:リザルト&トピックス】

『2020 セパンテスト モトGP 初日』

★2月22〜24日、セパンサーキットでモトGP公式テストが行われている。

★今回のテストの注目点は、ホンダ&ドゥカティがミシュランの新リアタイヤを上手く機能させられるかどうか、また、マルク・マルケスの右肩の具合などである。

★タイヤは今年のカタールGPで使用予定のものが投入されており、フロントはソフト&ミディアム、リアはミディアム&ハード。
ファクトリー選手は左右非対称のフロントタイヤ2本(ハード)も試用。どちらかが今回のカタールGPに投入される予定。
なお、2021年に向けての新フロントタイヤは今回は投入されない模様。

★首位アレックス・リンス(スズキファクトリー、1:54.462)。テスト終了3時間前にやっと出走。
チームメイトのジョアン・ミールは2位(+0.002)。適正なシートポジションを模索中(燃料タンクの形状を改良)。

★3位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、+0.032)。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは7位(+0.414)。
両選手ともホールショットデバイス搭載。アルミニウム製スイングアームを試用。

★4位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー、+0.172)。
チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは11位(+0.846)。第8コーナーでスリップ転倒、ケガなし。
両選手とも左側ハンドルに新たなボタンが2つ付いていた。昨年、ジャック・ミラーが使用していたもので、加速時にマシン後部を下げるためのもの。

★5位フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT、+0.238、VR46ライダーズアカデミー)。カーボン製スイングアームを試用。
チームメイトのファビオ・クアルタラローは8位(+0.612)。ホールショットデバイス搭載(モルビデッリ選手はまだ)。アルミニウム製スイングアームを試用。

★6位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、+0.361)。クラッチとほぼ平行に取り付けられたリアブレーキを試用(以前も試していたものだが、今回はマシン2台とも取り付けられている)。
チームメイトのアレックス・マルケスは21位(+2.090、ルーキー)。

★9位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティプラマック、+0.742)。
チームメイトのジャック・ミラーは13位(+0.968)。時速350.6kmを記録。

★10位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+0.806)。
チームメイトのブラッドリー・スミスは22位(最下位、+2.565。テストライダー)。イアンノーネ代役。
アンドレア・イアンノーネはドーピング裁判中により不参加。
ロレンツォ・サヴァドーリは不参加。今回は当初より参加予定はなかった。

★12位ヨハン・ザルコ(ドゥカティアヴィンティア、+0.898、GP19機)。
チームメイトのティト・ラバトは17位(+1.245)。

★14位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー、+0.987)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは16位(+1.182、ルーキー)。

★15位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR、+1.165)。
チームメイトのカル・クラッチローは19位(+1.295)。

★18位ミゲル・オリヴェイラ(KTMテック3、+1.275)。
チームメイトのイケル・レクオナは20位(+1.673、ルーキー)。

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)


『2020 カタールテスト初日 モトGP』


今年のスズキが好調なのはミール選手のおかげもあるって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP