MotoGP

ホンダ『ジョナサン・レイにモトGPオファーを出したが…』カルロ・フィオラーニ

『フィオラーニ:ジョナサン・レイにモトGPオファーを出したが…』

★カルロ・フィオラーニはホンダに長らく務め、現在はホンダ・レーシング・モータースポーツ部門でコミュニケーション・ディレクターに就いている。

★フィオラーニ氏が4月30日、次のように話した。

【ジョナサン・レイについては?】
「レイもまた、ピットボックス内で特別なアプローチをするライダーでね。カリスマ性が感じられるんですよ。
レイはね、本当にオートバイに多大なる情熱を注いでるんですよ。ライダー一家の出で、父親もこう言うことをしていましたしね。レイにとって2輪レースって言うのは人生哲学そのものであり、世間にもそれが伝わっているでしょ。
あのままホンダで続けて欲しかったんですけどねぇ。あいにく、当時、けっこう腹を割っての話し合いをすることとなってしまって。レイが『新マシンは作ってもらえるのか?』が訊いてきたので、『それはない』って答えたら…離脱を決められてしまったんですよ。
私としては、モトGP昇格しなかったってことが残念でしたねぇ。
当時、良いオファーはあったんですよ。プライベートチームのグレジーニからモトGP参戦しないかってね。ただ、本人がファクトリー一択だったものだから決まらなかったんですよ。あの頃、ファクトリーチームにシートはなかったから。
モトGPでも絶対に1〜2年ほどで好結果を出して、ファクトリーに昇格できるって信じてたんですけどねぇ。」


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)


ロッシ選手も愛用しているクリヴィレー監修の『モトGPシミュレータ』については有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. POP84 より:

    以前載ってたレイのインタビューだと侮辱する発言をされたとか、かなりきつめの発言をしていたのを思い出します。
    両者の意見が違うのも又面白いですね。

  2. リッターSS乗り より:

    確かレプソル入りを懇願したところ、スッポさんに「お前は何様のつもり?」というニュアンスの事を言われてたかと。
    当時は(CBRが劣勢で仕方ないにしても)SBKでチャンピオン争いもしてなかったし、レプソルのライダーがストーナーとペドロサだったのでタイミングが悪かったでしょうね。
    現在のレイにMotoGPにぜひ来てほしいものです。GPでどれくらいの実力なのか知りたい!
    H、Y、Dだったらチャンピオン獲得後にGPに来てただろうし。

  3. ジョルジョ99 より:

    テンケイトで、あのCBRでの善戦はGPライダーとして期待できた筈なのに、時に恵まれなかったと言うか、本当にタイミングの問題とスポンサーの意向ですかねぇ。

  4. リッターSS乗り より:

    当時、ペドロサとストーナーのどちらかと交代するには「期待できた」というだけでは無理なのではないでしょうか?
    レプソルにはマルケスまで控えていたわけですから。
    エドワーズ、ベイリス、スピーズの戦績からも、SBKチャンピオンでもMotoGPで勝つのは容易ではないでしょうし。
    カワサキには悪いけど、H、Y、S、Dのどこかがレイを引き抜いてくれないかな。
    MotoGPに来ないのは勿体ない。

  5. maxtu より:

    カルがSBKからGPにきて転々とGPチームを移籍したのと比較するとハッキリしますよね
    DUCATIでワークスには乗れたけどHONDAではワークス入りは叶わず
    それでもカルはGPを選んだ事に後悔はしていないし本人の意思、スタンスの差もあるのだろう
    トプラクの移籍をみても彼にとってGPに直結する条件は重要なファクターなのだし

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP