MotoGP

KTM大問題『いかにビンダーをアフリカから連れてくるか?』

『KTM大問題:いかにビンダーをアフリカから連れてくるか?』

★モトGP開幕戦は、現在、7月17〜19日のヘレスGPになる予定。

★新型コロナウイルス蔓延により、現在、各国間の移動が制限され、入国前に2週間の隔離期間が設けられているなか、開幕戦に向けてKTMは南アフリカ在住のブラッド・ビンダーをいかにヨーロッパに入国させるかを画策している。

★ピット・バイラー氏(KTMモータースポーツ代表)が、最近、次のように話した。

「状況は単純ではないんですが、ブラッドをヨーロッパに入国させるべく既に色々と動いてます。絶対に何か方法があるだろうから。当初はカタールを経由させようと思ったんだが無理でした。
とにかく今月末までには、せめてオーストリアかスペインには入れるでしょう。まだ時間はありますからね。急いではいないが、そろそろ行動を開始させないとね。
例えば、ブラッドが当社で正式に働いていて、仕事に戻らなければならないのだと言うことを証明する書面を送るとかね。」


(参照サイト google 翻訳:『Tuttomotoriweb』)


ドゥカティが2005年にブリヂストンタイヤを採用した経緯については無料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. いたたわ万歳(浅) より:

    >仕事に戻らなければならないのだと言うことを証明する書面を送るとか‥‥

    南アフリカさんに?

    監禁生活ヤバい、まるで刑務所ってホント?(伝聞)
    兵士7万人(これはBBC)とかさすが様子が違いますよね。
    やむ終えない事情(の範疇に入るのかどうかもわからないけど)だってことが早く認めてもらえるといいですね。

  2. maxtu より:

    ニュースの特集で観ましたがアパルトヘイトの弊害で一部が暴徒、鎮静が酷いみたいですね
    明日から食べる物が無い、と丸々と太ったお母さんが嘆いてましたヨ…

    国としても国際ライダーは資産だから、いざとなればチャーター機飛ばしてでも動いて欲しい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP