MotoGP

ジョナサン・レイ決定、カワサキと複数年の契約更改

『ジョナサン・レイ決定、カワサキと複数年の契約更改』

★6月18日、ジョナサン・レイ(SBKカワサキ、2015〜2019年SBKタイトル獲得)が『Kawasaki Racing Team』と、複数年の契約更改を行ったことが発表された。

★レイ選手のコメント。

「またカワサキと契約ができたこと、本当に嬉しく思ってます。僕らは共に、これまで驚異的なことを成し遂げてきましたからね。
今後もチームやエンジニア陣と共に懸命に努力し、レースでは毎回、ベストなコンディションで挑んで行こうと思ってます。
この数ヶ月、レースから遠ざかっていたことで、まだまだ勝ち続けて行きたい…僕自身の能力とうちのマシンパッケージをを高めていきたいと言う気持ちが再燃しました。
これからは、この2020年シーズンに100%集中していけるでしょう。」

★ギーム・ローダ氏(チームマネージャー)のコメント。

「ジョナサンとまた組んでいけることとなり、チーム全員が喜んでます。双方とも長期プロジェクトであると認識しており、今後も継続して成功を収めていきたいと思ってます。
ライダーとして、ジョナサンは驚異的かつ稀有な才能の持ち主であり、チームおよびカワサキ社員全員が、公私ともに喜びに満ち溢れたこの道を共に進み続けていけることを幸せに思っています。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


クアルタラローがファクトリー昇格について、ヤマハとどうやって交渉したかって話は有料『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP