Moto2 category

長島哲太『具合は良くなかったが全力を尽くした』2020アンダルシアGP

『ナガシマ:具合は良くなかったが全力を尽くした』

★7月26日(日)、アンダルシアGP(第2回ヘレス戦)のモト2決勝戦で、テツタ・ナガシマ(Red Bull KTM Ajo)が11位だった。

★グリッド15位スタートで19位まで降格したものの、その後、追い上げていった。

★ナガシマ選手は総合首位を固持した。なお、総合2位のエネア・バスティアニーニとは2ポイント差。

★ナガシマ選手は土曜午前のFP3セッションで転倒し、脳震盪を負った。

★ナガシマ選手のコメント。

【ゴール後は疲労困憊と言った感じだったが…】
「具合は良くなかったですね。頑張って、レースでは持てる力の全てを出しました。
もちろん、11位よりもっと上に行けないものかと思ってはいたけど、でも、総合首位を守れたと言うことが大切だから。」

【次は2週間後にブルノGPだが…】
「もっと改善していけるよう頑張ります。もちろん、身体の方は100%の状態になっているだろうし、また上位争いができるよう仕上げていきますよ。」

★KTMチームのコメント。

「完走できたと言うことに満足ですね。土曜日にテツタは転倒して、頭を強打してるんですから。それなのに、こうしてポイントを稼いで総合首位の座を守ってくれたんです。こうした状況からすると、喜ばなければね。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    脳震盪は怖いよ
    無事に完走&ポイント獲得で報われた

  2. POP84 より:

    後半のミス連発の話は出なかったけど結構体が限界だったみたいですね

  3. タディの星に願いを より:

    自分もミニバイクレースで転倒して後頭部を地面に叩きつけられましたけど、あの衝撃はまだ覚えています。

  4. 元草レーサー より:

    後頭部打って脳震盪って怖いんですね。映像では低速でのハイサイドだからあんまり影響はないのかなって思いましたけど、、。走っててどんな感じだったのかな?
    脳がぐらつくような感じの中、あの暑い中走り切ったのかな。
    テレビで応援しかできないけど、頑張って欲しいですね。

  5. ぞう より:

    熱さがな。画面からは伝わってこないから。トップキープはすごいよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP