MotoGP

モルビデッリ『ザルコは半分人殺しみたいなもの…』2020オーストリアGP

『モルビデッリ:ザルコは半分人殺しみたいなもの…』

★8月16日(日)、オーストリアGP決勝戦でフランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)が転倒リタイヤとなった。

★レース1の第8ラップ第2コーナー手前のアウト側でザルコ選手がモルビデッリ選手を抜いたものの、グリップ不足の箇所でハードブレーキを開始し、ミスをしてモルビデッリ選手を巻き込み、時速300kmで転倒した。
その直後、モルビデッリ選手のマシンが、ロッシ選手のすぐ目の前を飛んで行った。

★なお、モルビデッリ選手はCT検査の結果、骨折や合併症などはなく、モバイルクリニック代表医師によれば、
「転倒の深刻さを思えば、良好な状態」とのこと。

★モルビデッリ選手のコメント。

【今回のザルコ選手については?】
「半分、人殺しみたいなもんですよね。
今回の大事故で、ザルコがもう少し考えてくれるようになると良いんですけどね。僕にとっても本人にとっても、それからロッシやヴィニャーレスにとっても、本当に危険だったんだから。ロッシとヴィニャーレスは僕らより先行してたから、かなり低速でコーナーを周っていたわけでしょ。それで、モトGP機が時速280kmで目の前をすっ飛んで行ったんですから。」

【今回の事故は、どう言う経緯で起きたの?】
「残念ですよ…僕は何もできなかったもんだから。僕がブレーキをかけようとした瞬間、ザルコが走行ラインを変えてきたんです…多分、ディフェンスしようとしたんでしょうね。
(ザルコが)アウト側に寄って行ったものだから、僕はスリップストリームに引っ張られてしまい、もうぶつかるしかなかったんですよ。
結局のところ、大きなケガはなかったし、来週も通常通りに参戦できますけどね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『SKY』)

チェコで2位を取ったモルビデッリ選手のコメントが、いかに誠実で謙虚かって話は、note『チェコGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    公式ユーチューブがあがってたので改めてコマ送りで見てるけど、
    あの角度で前に来られたらどうにもなんないね。
    骨折もなかったし、頭も大事ないようなのでよかったですね。

    ロッシとビニャも、2人の間はギリギリマシン1台分。
    それでもモルビデリのマシンがはねてなければビニャの後輪には当たるタイミング。
    25FPSの動画で2人の間を通り抜けるのに1コマしかないんですよね。
    0.04秒ロッシがあの時点で速ければ直撃。。いやはや。。
    ライブで見た時にすり抜けたように見えたわけだ。。

  2. 小兵力士 より:

    ザルコも好きなライダーですし、前戦のポルとの接触にはザルコの言い分も尤もだと思っていましたが、あの温厚でクレバーなモルビデリがここまで言うんですから、今回はさすがに……。

    300km/hでスリップが効いて制動力が足りなくなるなんて、ショートコースで走行会を楽しむ程度の私には想像もつかない状況です。だからこそ、モルビデリの説明がすべてなのだと思います。

  3. 9191 より:

    たぶんあのクラッシュでエンジンは使い物にならなくなったはずだし。
    モルビデリイの残りのエンジンの使用数を考えたら身体の痛みよりもエンジンのほうが痛いのでは。

  4. スペンサーレプリカ より:

    確かに4人のうち誰が死んでもおかしくないクラッシュだったのは事実。

    レーシングアクシデントとして済ませられないレベルだと思うけどなぁ。

    ストレートや高速からのブレーキング時のブロックラインはペナルティの対象にすべきでしょう。moto3時代のミルも確かペナルティくらったはず。

  5. 元草レーサー より:

    これはまた大変な事故でした。非常に恐ろしいアクシデントです。最悪の事態が起こっても不思議ではない状況でした。
    ザルコは300km/hでオカマを掘られたのですが、モルビデッリにラインを残していなかったことが激突の原因ですかね。モルビデッリは次のコーナーのアウトにつこうとしていたのでしょうか。上手くクロスできればよかったのですが、しかし目の前を横切るように追い越して行ったザルコに引っ張られてしまったようですね。
    あのような事故での中断後に、再レースに挑むmotoGPのレーサー達は尋常じゃありませんね。畏怖と畏敬と驚嘆しかありません。
    しかし、このようなときに不敬かもしれませんが、今シーズンのチャンピオン争いがますます混沌としてきたように思います。
    ドカ・ドビの復調、KTMポルとオリベイラの確執、ヤマハビニャーレス、クワルタラロの好不調の波の中にもポイントを稼ぐ走り。中上には辛抱してロッシの前でフィニッシュしてケガのお返しをして欲しいですね。
    ドビはもしかして、来年の契約がないままチャンピオンとなるのか!? クワルタラロがワークス移籍前に戴冠するのか? そうはさせじとビニャーレスが意地をみせるか? 
    それにしてもマルケスがいなければいないで、激しい闘いになっていますね。やはりライオンの集団にはボスが必要なんでしょうか。ボスはボスで周りを蹴散らかして無茶しますが、いないとこうも秩序が保てないものなのか。ビンダーやミルの若手が急成長し、中堅と対抗しています。ボスが戻ってきたらどうなるのでしょうかね。激しい抗争が待ち構えているのでしょうか、、。最低限の理性とリスペクトを胸に、素晴らしいショーを魅せて欲しいですね。

  6. nav. より:

    非常にシリアスなクラッシュでした。
    誰もが想像したように、タイミングがわずかにズレただけで、ヴィニャかヴァレが打ちどころ悪く逝っちゃってた大問題クラッシュだと思いますよ。
    確かに、シモンチェリ、ペドロサクラッシュに似てる。
    ただ、今回は周囲に他車がいる状態。
    状況違えば、責任の重さもそりゃ変わりますよ。
    背後からのモニター見れば、300kmくらいのスピードでザルコがミスって、モルビデッリを操縦不能にしたとしか思えない。
    これ、お咎めなしじゃヤバくないですか?
    ルールじゃなく、規律が必要じゃない?

  7. さんぴー より:

    youtube見た。2コーナのインに向かうフランキーの左を、ザルコがかなり引っ張って抜いてる。フランキーは前のワークス2台と同じラインでバイクの向きも変わってるけど、ザルコのマシンはまだ向きが変わってない。そんで、右に飛び出しそうなので耐えるザルコが右に流れつつも流れきらない(踏ん張った)ままブレーキングポイントが来て、逃げ場を失ったフランキーが追突。
    そもそもラインに自由度があるとは思えない2〜3コーナ入口をmotoGP機でクロス通過するのがリスキーで、左寄りのラインを取るならフランキーのラインしか無いように見えます(後ろのリンス達もフランキーと同じライン取り)。ザルコも左に寄ろうとしたと言ってるけどオーバースピードでタイミング遅いし、それがミスなんでしょうかね。あのまま追突無くても、3コーナを横切る様なラインになり、別のアクシデントに繋がったかも。悪意は感じないけど、危険ですね。

    しかしオンボードでも怖いなーこのコースの2-3コーナ。2コーナって必要?危険なだけじゃないっすかね。

  8. うに より:

    https://www.motogp.com/ja/news/2020/08/17/フォトギャラリー-転倒連続写真/339988

    写真がまとまってあがってますけど、本当に間一髪。
    あのコーナーの幅が12m。モルビデリのマシンが通過したコマ数から計算するとあの時点で70〜80kmぐらい。
    速くても遅くてもどちらかにぶつかってたんですよね。
    モルビデリのマシンに芝生が大量にこびりついてますが、あの一本一本に観戦者の祈りが詰まっているような気さえしてしまいます。

  9. うすたん より:

    ザルコを除名して欲しい位醜い事故だと思う。レースの駆け引きは相手の安全を考えた上でやるべき。ただブロックしたい一心で危険を犯したザルコは性格的にレーサーの資質無いよ。

  10. 田中 より:

    ターン2で抜けば、遠心力でターン3に向けてアウト側にでるのは、わかりきった話。それを故意じゃないと言っても、誰も信用しないでしょ。
    焦りが招いた事故。

    スピードに余裕あるなら、ターン3で楽々抜けたはず。
    ドビにしろ、ドカ時代のロレンソにしろ、そうやっていた。

    幸運にも大きな怪我を負う人が居なかった。

    ザルコは、もういいでしょ。きわどいオーバーテイクしかできない危険なライダー。モトgpを走る資格ないよ。

  11. さんぴー より:

    ザルコは結構好きなんだけどねぇ。追放する程かは意見の別れるところと思うが、何らかのペナルティは下る可能性は非常に高いのでは。運営も熱くなってるライダー陣を引き締めたい意図あるかもしれないし、悪く言えば見せしめにもなる…。
    繰り返しになるけど、ザルコは好きなので、個人的には意識改革した上で参戦し続けて欲しい。しかし、ドゥカティが人事的に微妙な時期に、良くないイメージが付いちゃってね…色々タイミングの悪い人だねぇ。

  12. 名無し より:

    >スペンサーレプリカさん
    moto3の時代のミルって蛇行運転の事ですか?だとしたら今回の件とは全く性質が違うと思います。今回のザルコのはコーナーだったけどミルの場合は完全なストレートだったし、たぶんストレートでは進路変更は一回までOKとか、コース端にバイクが通れるスペースを残せばそれは進路変更ではないとか、色々決まってると思います。
    >田中さん
    「ターン2で抜けば、遠心力でターン3に向けてアウト側にでるのは、わかりきった話。それを故意じゃないと言っても、誰も信用しないでしょ。」→分かりきった話じゃないです。ターン2で苦しいラインを通ったからって必ずターン3侵入でアウトを取れないとは限らないし、ザルコの見積もりではそのつもりだったんでしょ。ただその見積もりをミスったってだけで。故意って言葉の意味わかってます?

  13. 死神ライダー より:

    宮城はロッシがかわしたと言ってたが、アホかと。ポエムを含めたアホ解説はいらん。

  14. 小兵力士 より:

    確かに宮城さんはポエムとか夢想とか精神論の度が過ぎていて、正直聞くに耐えないことが多いです。放送開始時に解説が辻本さんや原田さんだと分かると、すごくホッとするんですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP