MotoGP

ペルナット『ヤマハは今年、タイトル獲得は考えない方が良い』2020オーストリアGP

『ペルナット:ヤマハは今年、タイトル獲得は考えない方が良い』

★8月17日、伊モトGP業界のご意見番カルロ・ペルナット氏(個人マネージャーとしてカピロッシ、シモンチェッリ、イアンノーネ選手らを担当してきた)が、伊サイトインタビューで次のように話した。

[ 中編はこちら ]

【ドゥカティ機についてはどう思う?】
「レースウィークエンドの最中に、ジジ・ダッリーニャ(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)とも話す機会があったんだが…とにかく、オーストリアでのドゥカティ機は戦闘力が高かったね。ドヴィだけじゃなく、ミラーだって表彰台に上がってたでしょ。
現在、最もパフォーマンスの高いマシンはスズキだが、その次がドゥカティ、そしてKTM、ヤマハ、ホンダの順でしょ。こんなことを言うのは残念だが、ヤマハ機はポテンシャル的には4番目だね。
あと、興味深い点が1つあるんだが…マルケス不在にも関わらず、モトGPにおけるハードルが上がっているんだよね。」

【ヤマハ機の状況はそんなに悪いの?】
「今年、タイトル獲得なんて考えない方が良いだろうね。エンジンに関しては…今後、最終列スタートなんてことさえ、あり得るんじゃないんですか。
まぁ、フルサワが辞めて以来、ずっと大変な状況なんでしょ。一方、KTMは実に良い仕事をしてるね。若手に着目して、開発を続けてねぇ。」

[ 完結編に続く ]


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)

POSTED COMMENT

  1. pekochi より:

    忘れられたアプリリア・・・

  2. しゃぶ太郎 より:

    アプリリアはまだ発展途上…といいつつ復帰から6年目なんですね。
    同期のスズキ、後発のKTMにも置いていかれ、このままでは再び撤退の憂き目に…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP