MotoGP

ロッシ『ペトロナスとは1年契約、2022年は一縷の望み』2020カタルーニャGP

『ロッシ:ペトロナスとは1年契約、2022年は一縷の望み』

★9月24日(木)、カタルーニャGP会見でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が次のように語った。

【ペトロナスとの契約は、サイン自体はまだだそうで…】
「そうなんですよ。先週、サインしようと思ったんですけどねぇ…もう状況ははっきりしているわけだから。とにかく、来年、ペトロナスから参戦しますよ。
ただ、急ぐ必要もないんで。調整が必要な事柄がいくつかあるんで、多分、今週中には終われると思うんですけどね。」

【2021年が最後の年になりそう?】
「遅かれ早かれ、僕だって引退するわけですからねぇ。ただ、うちの母親でさえ『辞めるなんて無理でしょ』なんて言ってるんですけどねぇ(笑)。」

【2022年のオプションが付く可能性は?】
「1年のみとオプション付きと、2つの可能性について話し合った結果、1年契約にしたんです。
ただ、継続する可能性もありますけどね。異を唱える者がいなければ、来シーズン序盤の僕のリザルト次第でしょうね。来年の夏に決めますよ。
もし強い走りができるようなら…表彰台に上がって、総合5位以内で戦っていけるようなら、継続しますよ。
ただ、どう変わっていくのかを見極めないとね。モトGPクラスと言うのは、一日二日で諸々が変わってしまうから。まぁ、この年になると、それでOKですけどねぇ。」

【つまり、完全に1年契約+1年オプションと言うわけではない…】
「生粋のオプションではないですね。通常は明確な表現で書かれているものなんですが…契約書には、ただ『異論を唱える者がいなければ、継続の可能性あり』と書かれているだけなんですよ。
実は、当初、僕はヤマハに対して少し腹を立てていて…どうも、1年のみの契約オファーを出そうとしていたようだったんで。
それで、僕からヤマハに『2021年が確実に最後の年になるとは限らない』と説明したら、理解してもらえたんですよ。」

【ペトロナスへはムニョス(チーフメカニック)、フラミーニ(テレメータ)、イダリオ(コーチ)が帯同するそうだが…】
「メカニックのアレックス(ブリッジス)とブレント(ステフェンス)のことは、本当に残念に思ってます。2人とも一緒に行くと言ってくれて…けっこう頑張ってみたけど、駄目でした。
2人とも、引退するまでついて行くと言ってくれて、僕と一緒に引退することになってたんですよ。来年、あの2人がボックスにいないと思うと寂しくって…ヘレスの時から話し合ってはきたんですけどねぇ。
このために、今まで話し合いを続けてきたと言うのに。最後のレースは辛いでしょうねぇ。
今はピットボックスに戻ると、まるで自分の家に帰ったみたいで…20年も一緒にやってきたら、もう家族みたいなもんですからねぇ。」

【その辺が既に決まっているのなら、なぜまだサインしないの?】
「まず第一に、モトGPでは契約締結が早すぎると思うんですよ。開幕前に考え出さなければならないわけでしょ。
ヤマハやペトロナスとの話はまとまってます。ヘレスの時から話し合ってますからね。とにかく、その(2人の)話のためにじっくり話し合ってたわけで。
重要な契約だし、調整すべきディテールもあるし…とにかく、これで良いんですよ。」



(参照サイト:『Gpone』)

ロッシ選手がらしくなかったって話は、note『エミリア・ロマーニャ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. ひばり より:

    91●●とかいう人がコメントしますよ

  2. ZC33S より:

    来年は茂木でのGPが開催される事を切に願うしかない…

  3. しゃけ より:

    2021は絶対茂木開催して欲しい。
    そして・・・コケずに最後まで走る姿を見せてくれてロッシ応援席前でバイクを止めて手を振って欲しいです。

    ひばりさん出籠手一本!
    この話題になるとウザ絡みしてくるから興ざめするんですよね。。。

  4. POP84 より:

    契約内容が1年契約オプション無しと分かっただけども興味深いですね
    来季中旬までの成績次第で若手向けシートが一つ空くのですから気の長い先の話ですが楽しみです

  5. 吉秋 より:

    2022年はヤマハに見切りつけて、VR46でスズキと契約してくれ!
    マリーニと異兄弟チームが見たい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP