MotoGP

2020ル・マンGP【モトGP:FP3リザルト&トピックス】

『2020 ル・マンGP モトGP FP3トピックス』

★10月10日(土)、ル・マンGP モトGPクラスのFP3が行われた。

★快晴。路面温度16度よりスタート。

★予選2へ直行は以下の選手。
クアルタラロー、オリヴェイラ、モルビデッリ、ミラー、クラッチロー、ザルコ、ロッシ、ヴィニャーレス、弟エスパルガロ、ドヴィツィオーゾ。

★首位ファビオ・クアルタラロー。ドライはペース良好。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは3位。

★2位ミゲル・オリヴェイラ。
チームメイトのイケル・レクオナは20位。

★4位ジャック・ミラー。終盤で転倒。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは14位。
今回、ドゥカティ機はドライでも速い。

チームマネージャーのフランチェスコ・グイドッティが、バニャイア不調についてコメント。
「ペッコはタイヤに熱を入れるのに苦労していて、フロントの信頼感が低いらしいんですよ。ブレーキングは強いんだが、いつものようにコーナーでマシンをスムーズに走らせていけないようで。」

★5位カル・クラッチロー。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは19位。

★6位ヨハン・ザルコ。
チームメイトのティト・ラバトは15位。

★7位ヴァレンティーノ・ロッシ。終盤で転倒。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは8位。

★9位ポル・エスパルガロ。序盤セクターで最速。
チームメイトのブラッド・ビンダーは11位。

★10位アンドレア・ドヴィツィオーゾ。
チームメイトのダニーロ・ペトルッチは16位。

★12位ジョアン・ミール。終盤で転倒。
チームメイトのアレックス・リンスは13位。序盤で転倒、ピットボックス帰還。

チームマネージャーのダヴィデ・ブリヴィオがスズキ機についてコメント。
「すべて、なかなか順調に行ってますね。ただ、フロントタイヤをもっと上手く機能させないと。ミールの話だと、気温が低すぎるコーナーがいくつかあるようで…その辺で苦戦してるらしいんですよ。もっと早くタイヤに熱が入るようサポートしてます。FP3セッションでは何回かタイムアタックが行われるでしょうね…つまり、選手は好タイムを目指してトラックに残ると言うわけで。1周タイムと言うよりは、何周回か連続して走るっことになるでしょう。リズムを出して行かないとね。」

★17位アレックス・マルケス。序盤、第3コーナーで転倒、ピットボックス帰還、ケガなし。
チームメイトのステファン・ブラドルは21位。マルク・マルケス代役。

★18位アレイシ・エスパルガロ。
チームメイトのブラッドリー・スミスは22位。イアンノーネ代役。

『2020 ル・マンGP モトGP FP3リザルト』



『2020 ル・マンGP モトGP FP3総合リザルト』




(Photo:Motogp.com

POSTED COMMENT

  1. うに より:

    ジャックミラーは後頭部から落ちたけどピンピンしてましたね。
    ピットでも頭コンコンしてたけど、さすがの石頭というか首の太さ。

    クアルタラロ安定してますね。
    ドライでもそうだけど、ハーフウェットの時でもコーナー中ずっとブレーキに指がかかってますね。
    あの路面状態でもじんわりと操作してるのかしら?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP