MotoGP

オリヴェイラ『勝つことだけを考えていた』2020ポルトガルGP

『オリヴェイラ:勝つことだけを考えていた』

★11月22日(日)、ポルトガルGP決勝戦でミゲル・オリヴェイラ(KTMテック3)が優勝した。なお、ポール・トゥ・ウィンである。

★オリヴェイラ選手は今季2勝目。なお、今回はホームレース。

★オリヴェイラ選手のコメント。

「今日の感動は別物ですね。最終コーナーでオーバーテイクをかけるようなアドレナリンはなかったけど、でも、レースをずっとコントロールしなければならなかったんで。
勝ちたい一心でスタートしました。FP4を終えた時点で、プラスアルファの力があることには気づいていたんで、後ろは振り返らずに最初からプッシュしまくりました。でも、タイヤをコントロールし、終盤ラップにギャップを維持するのは楽ではなかったです。
今日のレースを一言で表すならば、『もの凄く長かった』ですね。」

【来年は、ファクトリー昇格だが…】
「ファクトリーチームでの仕事は楽なものではないでしょう。いや、むしろ、大変になってしまうわけで。細かいところの作業をする人間が増えるわけだから、もっと改善していくことはできるでしょうけどね。
とにかく、うちのマシンはどこのトラックでも高い戦闘力で行けるだろうから、諸々をきちんと仕上げていくのは単純に時間の問題でしょうね。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

なぜKTM機はタイヤに上手く合っているのか?って話は、note『バレンシアGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. POP84 より:

    所属するTec3は来季はスポンサーに逃げられ優勝ライダーも本社に取られてと今は幸せだけど来期が心配になりますね。
    恐らくKTMが援助はするでしょうが

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP