MotoGP

グレジーニ:コロナ検査は陰性、血中酸素濃度は悪化

『グレジーニ:コロナ検査は陰性、血中酸素濃度は悪化』

★ファウスト・グレジーニ氏(アプリリアファクトリー・チームマネージャー、59才)は昨年12月26日に新型コロナウイルス感染のため入院し、一時、重篤な状態に陥ったものの、最近は回復傾向にある

★グレジーニ氏の子息ロレンツォさんが、2月2日21時(イタリア時間)、容態について自身のフェイスブックで次のように公表した。

《本日、父ファウストにとって、大変な1日でした。熱が上がって血中酸素濃度が悪化し、すでに抗生物質が投与されました。
また、コロナ検査を受けたところ、陰性でした。また、何かあったら、お知らせします。》

(Photo:Facebook

ダッリーニャ氏は、結局、ドヴィ選手のことをどう思ってたのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

新人気商品【品質保証 】納期3~5日営業日 会社学校から大量注文承り中(ディスカウント)
ELOHEI

POSTED COMMENT

  1. ちわこぺ より:

    どうもグレジーニさんは、ウイルスは体内から排除できたものの、肺に回復不能のダメージを負ったようですね…
    何とか、快復を祈ります。

  2. タディの星に願いを より:

    そうですね もしサーキットに戻れる体までになれたとしても酸素ボンベ携行
    ではないかと 個人的にはもうゆっくりとセカンドライフにいってほしいが、グレジーニさんの思う通りにいくといいですね

  3. KSK より:

    息子さんの最新のポストで充分な酸素濃度になったと書いてあるし、その「回復不能のダメージ」てのは憶測ですよね?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP