Moto2 category

ラウル・フェルナンデス『モト3時代、けっこう鬱状態になってしまい…』

『フェルナンデス:モト3時代、けっこう鬱状態になってしまい…』

★今シーズンのモト2クラスでは、チーム『Red Bull KTM Ajo』のレミー・ガードナー(23才、ワイン・ガードナー長男)と、ラウル・フェルナンデス(20才、ルーキー)がタイトルを争っている。

★10月3日、アメリカズGPのモト2決勝戦ではスタート直後から両選手が首位争いを始めたものの、第6ラップでガードナー選手が転倒し、結局、フェルナンデス選手が優勝した。

★現在、両選手の獲得ポイントは以下のとおり。

首位ガードナー(271ポイント)
2位フェルナンデス(262ポイント)

★なお、来年、両選手ともにKTMテック3チームよりモトGP参戦する。

★最近、フェルナンデス選手がスペイン『DAZN』のインタビューで、次のように話した。

「(モト3参戦をしていた)2017年と2019年は、楽しめなくなってしまったんですよ。
2019年はかなり深刻なうつ状態になってしまい、ヴァレンシア最終戦では『僕の人生、これから何をやっていけばいいんだろう…』って思ってました。かなり厳しい時期でしたね。
(当時、所属していた)アスパーは悪いチームではないけれど、なんだか僕は居心地がイマイチで…。なにか変化を必要としてたのに、チームには分かってもらえなかったんですよ。」

【今年から、『KTM Ajo』チームよりモト2参戦し始めて…】
「アキ・アジョ(チームマネージャー)とチームの皆に、とことんサポートしてもらいました。
(2019年の)セパン決勝戦の直後に契約して…家族の一員になったって気持ちになれたし、またオートバイに乗って楽しいって思えるようになったんです。」

【KTM機でのモトGP昇格については?】
「子供の頃からKTMのマシンに乗っているし、来年はモトGP昇格と言う夢が叶うわけだから…ものすごくワクワクしてますよ。」

(参照サイト:『Tuttomotoriweb』)
(Photo:Instagram

モトGPクラスのKTM不調の原因については、『サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. NOB より:

    ルーキーとは思えない走り。

    ガードナーとのポイント差も縮まって、残りのレースも楽しみ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP