MotoGP

『WithU ヤマハ RNF』お金の話:メインスポンサーは経費の半分のみ出資…

『『WithU Yamaha RNF』お金の話:メインスポンサーは経費の半分のみ出資…』

★『ヤマハ・ペトロナスSRT』チームは2021シーズン末にメインスポンサー『ペトロナス』が撤退し、2022年より『WithU Yamaha RNF』チームとしてモトGP参戦する。

★同チームは大幅に予算が減少するため、2022年はモト2/モト3クラスへの参戦を取りやめ、また、人事改革によりスポーツディレクターのヨハン・スティゲルトが放出された。

★同チームは新メインスポンサーのイタリア企業『WithU』から経費の約半分を出資されることとなっているため、不足分は複数の小口スポンサーからかき集めなければならない。
なお、通常、モトGP参戦するには1年間に1100万〜1300万ユーロ(約14億1000万〜16億7000万円)が必要である。

★ちなみに同チームの選手2名の契約金は、ヤマハ側が支払うこととなっている。なお、メーカー側がプライベートチームの選手選びに関与し、契約金も支払うと言うのは、最近は一般的なことである。

★ラズラン・ラザリ氏(チームマネージャー)が、最近、『Speedweek.com』のインタビューで次のように話した。

「ヤマハが選手への支払いをしてくれるので良かったですよ。ただ、マシンのリース料は、こちらが払わなければならないから…まぁ、だからこそ選手らについて幅を利かせることができるんですけどね。」

★マシン・リース料は1選手につき、1年間、約250万ユーロ(約3億2000万円)である。
なお、ビンダー選手は型落ち機(2021年機の最新改良版)を使用するため、おそらく、約200万ユーロ(約2億5600万円)と見られている。
また、同リース料に関しては、ドルナからの支援金も得られる。

★なお、ヤマハとのプライベーター契約は2022年の1年のみなため、更改を目指して好結果を獲得しなければならない。


(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ヤマハのモトGPマシン開発は時間がかかりそう……って話は、『2021ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥20,000
(2024/06/15 07:21:00時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. K51 より:

    なぜここのチームマネージャは、自分で無能アピールしたがるのかな…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP