MotoGP

2022アメリカズGP【モトGP:FP2リザルト&トピックス】

『2022アメリカズGP モトGP FP2リザルト&トピックス』

★4月8日(金)、アメリカズGP モトGPクラスのFP2が行われた。

★気温上昇、風も少し出てきた。マシンは相変わらず暴れ気味だが、陥没に関してはそれほど気にされてない模様。

★首位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック)。
チームメイトのホルヘ・マルティンは10位。
※ドゥカティ勢が好調で、主な選手の順位は以下のとおり。
1位ザルコ、2位ミラー、4位バスティアニーニ、9位バニャイア、10位マルティン。

★2位ジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは9位。

★3位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。ペースもそれなりに良好。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは21位。想定外に苦戦。速い走りは皆無。

★4位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは18位(ルーキー)。

★5位アレックス・リンス(スズキファクトリー、+0”488)。1周タイムはドゥカティ勢が優勢だが、長距離でのペースは最速。終盤、タイムアタックせず、相変わらず、前ハード&後ソフトで走行。
チームメイトのジョアン・ミールは8位(+0”601)。伸びてきている。
※今回はスズキとドゥカティの戦闘力が高そう。

★6位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、+0”499)。ホンダ勢トップ。ペース面も良好そう。先の2戦欠場。もともと得意トラックではある。ただ、同セッションでマシンは暴れまくっていた。
チームメイトのポル・エスパルガロは12位。

★7位マーヴェリック・ヴィニャーレス(アプリリアファクトリー)。またチームメイトより上位。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは11位。昨年、同GPで5回転倒している。
※アプリリア気は今回も好パフォーマンスを見せているが、コンスタントとは言えず、アルゼンチンGPの時のような卓越さは見せていない。

★13位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは24位(最下位)。
※少なくともリザルト的には、今回もっとも苦戦しているメーカーはKTMである。明らかに何かが上手く機能していない。

★14位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは19位(ルーキー)。

★15位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)。同タイムは前後輪ともソフトで記録。もともと1周タイムは、ドゥカティ時代から得意ではない。ペース的には、セッションの間ずっと、クアルタラローに迫り、ユーズドタイヤの場合は0.2秒ほどの差だった。
チームメイトのダリン・ビンダーは22位(ルーキー)。

★16位アレックス・マルケス(ホンダLCR)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは17位。

★20位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは23位(ルーキー)。

『2022 アメリカズGP モトGP FP2リザルト』



『2022 アメリカズGP モトGP FP総合リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
ユニバーサル商会
¥2,040
(2022/06/30 09:07:33時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. POP84 より:

    復帰した兄マルケス選手がFPとはいえ、他のホンダライダーより速いというのが得意なコースとはいえ、療養明けにCBR600をサーキットで1回運転しただけでと凄さを改めて実感ですね。

  2. maxtu より:

    まだFP2だけどモルビデッリは不調が続くねぇ
    怪我の影響はないそうだし、なぜ苦戦してるのか?
    もしファビオが離脱すればYAMAHAは勝てるライダー連れてこないと本格的にヤバい

  3. なお より:

    既に去年のポールタイムを上回ってるのか
    去年の路面問題は解決してるのかも

  4. SRX より:

    クアルタラロだがバスティアニーニとのトップスピード差が−13キロ、ドビでも−6キロあるからコーナー寄りのセッティングの方がCOTAでもヤマハの戦い方になるんだろうが来年はもうちょっと5,6速のパワーというか全体の馬力頑張って欲しいなあ。
    スズキはやってるんだから。

  5. おっとと より:

    いろいろ紆余曲折あったザルコも蹴ったKTMはコースやコンディションによっては勝てるマシンになってるし、後輩のマルティンには先を越されるし、勝てない続きだったアプリリアもアレイシが1勝マークしちゃったし…moto2二連覇の鳴り物入りだったんだからそろそろ優勝しないとシート失いそうじゃん!

  6. うに より:

    13位まで340キロ以上出ている中でクアルタラロだけ333キロ。
    コーナーに全振りしてるんだろうけど、よくも3位に食い込むもんだね。
    浸入も立ち上がりもガタガタなってるけど、上手いことまとめて来るんだよね。

    アレイシが勝って、ルーキー以外でプレミアクラスで勝ってないのは、
    ザルコ(プレミア以外16勝)、ポル(15勝)、
    アレマル(12勝)、マリーニ(6勝)、中上(2勝)。

    ホンダってマルケス以外勝ってないよなー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP