MotoGP

ミラー『こんなことになってしまうなんて思ってもいなかった…』2022ポルトガルGP

『ミラー:こんなことになってしまうなんて思ってもいなかった…』

★4月24日、ポルトガルGP決勝戦でジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー、27才、オーストラリア出身)がグリッド4位からスタートし、第19ラップでジョアン・ミール(スズキファクトリー)を巻き込んで転倒リタイヤした。

★ミラー選手はミール選手と2位争いをしている最中、第1コーナーのハードブレーキングで無理をしてフロントのコントロールを失い、同選手を巻き込んでスリップ転倒した。

★転倒直後、ミール選手は皮肉を込めて拍手を送っていたが、ミラー選手が座り込んでいたため近づいて様子を確認した。
ミラー選手はミール選手に謝罪し、和解。その後、スズキのピットボックスへも謝罪に出向いていた。

★ミラー選手のコメント。

「誰も転倒したいなんて思わないし、別の選手を巻き込みたいと思うわけもないでしょ。そんなつもりはなかったんですよ。
レースでよくある事故ってやつで…あの時、ミールを抜こうとしてプッシュしすぎてしまい…自分のラインに戻って、他の選手を引き離して表彰台に上がりたかったもんだから。
序盤は上手くタイヤを温存できていて…抜こうとした時はイン側にいたけど、濡れた箇所に乗ってしまったのか…それとも、とにかくプッシュしすぎてたからなのか…。
ジョアン・ミールを巻き込んでしまったのは、申し訳なかったです。」

【1週間後には、すぐヘレスGPがあるが…】
「ヘレスGPは本当に重要だけど…とにかく、誰かを巻き込んで転倒してしまった時は、まず第一に双方無事かどうかを確認し…そして、きちんと謝ることが重要だから。
僕がミスってしまったんだし、こんなことになってしまうなんて思ってもいなかったんですよ。
レースではこの手の事故が起きることもあるけれど、とにかく、僕の責任なんでね。」


(参照サイト:『Corse di moto』)

ドゥカティはミラー後任を既に決めている?って話は、note『2022 アメリカズGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
とらや
¥4,320
(2022/06/30 09:58:30時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 岸本ジョン より:

    ロッシ「これもレースさ」
    2005年、ラストラップのときジベルノーに追突して
    グラベルに押し出してしまってロッシが優勝したことがありました。
    ワザとではなくアクシデントなので切り替えて次ですね。

  2. maxtu より:

    どう見ても予想外のアクシデントというより後先考えず突っ込んだ結果に見えるけどね
    ラストラップでも無いのに勝負を掛けるタイミングを誤ってる

    ってか、これがワークス離脱の決定打になりそうな気がする
    大きな代償になりそう

  3. 元草レーサー より:

    スリップから抜け出た後のブレーキングは要注意ですね。見てて危ないと思った瞬間でした。ミールも引ければよかったんですが。その前のザルコでしたか、やはりオーバーランしてましたから。

  4. 田中 より:

    転倒後、ツールボックスに肘を付きチャバティが頭を抱えていた。

    ミラー、放出決定かも。

    まっ、元々ドカは契約更新を渋るというか、スンナリいかない場合は、ほぼほぼ放出決定なんだよね。

    イアンノーネ、ロレンソ、ドビ、と。

    その後優勝しようが決して変わらない伝統なんだけどね。

    ただミラーがスンナリとプラマックに出戻るとは考えづらい。ペルナットがマネージしてるアルボリーのが、今季上位3位に入れば、アルボリーノの昇格もあり得るわけで。

    ミラーにとってはワークスのプレッシャーが大きすぎた可能性もあるね。

    いずれにしてもドカ視点ではライダーに全く困ってない。
    ミラーに拘る理由はないんだろうな。

  5. motoGP大好き より:

    おぉΣ(゚Д゚)珍しく反省してる。
    でもミルの表彰台をパーにした罪は重いので
    来年のドカのシートはないんでない?

    ひょっとしたらアプリリア位に言ったりして。

  6. kai より:

    ミラーは以前ミルの走りを批判してましたが、ブーメランが刺さってしまいましたね。
    入れ替わりでマルティンの名前も挙がってますが、3度目のリタイアですから、どうなるんでしょうね。

  7. うめこう より:

    ミルのレイトブレーキングが凄かったですね。ザルコも普通なら抜けるタイミングでも易々と前に行けなかったですもんね。早いタイミングでスリップから抜け出せたときにパスできた位ですから。ザルコのクレバーさが光ったパッシングシーンだと感心しましたが、一方のミラーはレース終盤の不安定さは相変わらず。力はあるのにもっと冷静になればいいものを。おしい才能ですね。

  8. タディの星に願いを より:

    次のアクションで気づいたこと ミラー一人でヘルメットとって素顔みせてミルのボックスに謝罪に行ってた ミラーの対応には拍手。ただ通例、マネージャー職も一緒に行くよね タルドットィ氏もチャバロッティ氏も行かなかったということは‥

  9. suezo より:

    ザルコはスマートに抜いていった後だけにねぇ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP