MotoGP

2022フランスGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

『2022フランスGP モトGP FP1リザルト&トピックス』

★5月13日(金)、フランスGP モトGPクラスのFP1が行われた。

★快晴、気温20度。まるでムジェッロのように、FP1セッションはいきなり強い走りから開始していた。
通常、ル・マンの午前セッションと言えば、ピットボックス内ではダウンを着込んでいるが、今日は薄手のトレーナーでOK。

★ショートトラックなため拮抗しており、1位〜6位で0”171秒差、1位〜10位では0”357秒差、1位〜19位までで0”991秒差。

★転倒多発。

★首位ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)。当トラックは得意。2023年はほぼ確実にミールと交代になるはずなので、精神状態は良好とは言えない。
チームメイトのマルク・マルケスは13位(+0”495)。右バンク中の転倒持ち直しに成功。

★2位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。
チームメイトのジョアン・ミールは6位。
※両選手とも最初から動きが良かった。スッポチームマネージャーは当セッションに関する質問には答えるものの、スズキ撤退についてはノーコメントだった。現在はドルナと『契約破棄』ついて交渉中で、スズキ側に撤退を撤回する意思はない模様。

★3位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー)。オリヴェイラ選手を避けようとしてコースアウト。
チームメイトのジャック・ミラーは7位。

★4位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。ペース良好。当セッションでは最もコンスタントだった。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは20位。終盤、スリップ転倒。

★5位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは8位。2017年の同GPはヤマハ機で優勝しており、今回も好調そう。
※アプリリア機は相変わらず各トラックに速攻で適応し、戦闘力の高さを証明している。

★9位ヨハン・ザルコ(ドゥカティ・プラマック)。コースアウト。
チームメイトのホルヘ・マルティンは14位。

★10位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは15位(ルーキー)。

★11位タカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)。
チームメイトのアレックス・マルケスは19位。

★12位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは17位(ルーキー)。

★16位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)。
チームメイトのダリン・ビンダーは24位(ルーキー、最下位)。

★18位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。KTM勢トップ。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは21位。2回転倒。

★22位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデス(ルーキー)は23位。ポルトガルの予選で右手を負傷し、スペインGPは欠場した。

『2022 フランスGP モトGP FP1リザルト』




(Photo:Motogp.com

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP