MotoGP

バニャイア『ロッシから優勝した時はしっかり祝うことと教えられてるんで、そうするつもりです』2022イタリアGP

『バニャイア:ロッシから優勝した時はしっかり祝うことと教えられてるんで、そうするつもりです』

★5月29日(日)、イタリアGP モトGPクラス決勝で、フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー、25才)が優勝した。

★バニャイア選手の今季リザルトは、リタイヤ/15位/5位/5位/8位/優勝/リタイア/優勝である。なお、現在は総合4位(81ポイント)。

★バニャイア選手のコメント。

「ずっと夢見てたようなことで…ムジェッロ優勝って言うのは、本当に凄いんですよ。僕にとってホームレースはミザノの方だけど、イタリアGPと言えば、こっちでしょ…世界でも有数の難関サーキットですからねぇ。」

【ヘレス勝利より上?】
「ここの方が格別ですね…ホームで、大勢の観客の前で…僕やドゥカティのファンの皆さんの前で勝つわけだから。物凄いんですよ。心の底から嬉しいです。」

【グリッド5位からスタートし、第1ラップ終盤には8位にまで下がり…】
「スタートは悪くなかったんですが、第1コーナーで他のドゥカティ2台に挟まれてしまい、第4コーナーでアクセルを閉じなければならず…マルケスに接触されてしまったんですよね。
それで頭を使うことにして…皆、プッシュしまくってる中では大変だったんですけどね。でも、タイヤ温存のため直線コースではドゥカティ機の強みをフル活用し、ベッツェッキを抜いた後は引き離して行けました。」

【バニャイア選手とベッツェッキ&マリーニ選手は、皆、ロッシ元選手の弟子だが…】
「凄い結果ですよね…VR46にとっても本当に良かったですよ。今回のレースウィークエンド中、2人とも上手いこと作業できていたし、最速でしたよね。
なにかと助け合ったりしてたんですが、今後もまた、あの2人と戦いたいですねぇ。このまま、皆で頑張っていかないと。」

【ル・マン決勝戦で転倒し、今回はプレッシャーを感じていた?】
「タイトル争いに向けてポイントを稼ぐのは大切だけど、特にプレッシャーは感じてませんでした。基本的に(プレッシャーは)いつも感じてますからねぇ…それも、この仕事の一部なんで。
いつだってミスする可能性はあるものだけど、実際にミスしてしまったら、これまで自分が頑張ってきたことを思い出し、楽しもうって気持ちで再スタートを切らないと。
難しい時もありますけどね。昨日の予選の後はムカついてしまったし。でも、ポジティブな姿勢でいるべきだってことは分かってたんで。」

【現在の心境は?】
「勝つとモチベーションが上がるものでしょ。今シーズン序盤は好結果を出せなかったけど、ポルティマオ以降、常に上位に入ってますからね。今日なんか、肩の荷が下りましたよ。」

【これまでの自分はどうだったと思う?】
「僕がミスをしてきたんだなって思います。でも、過去に目を向けるのではなく、未来をポジティブに見ていくことが重要ですから。今日、僕は優勝したのだから、喜ばなければ。
ヴァレンティーノ(ロッシ)から『優勝した時はしっかり祝うこと』って教えられてるんで、そうするつもりです。」

【自分はチャンピオン候補だと思う?】
「ファビオ(クアルタラロー)やアレイシ(エスパルガロ)の方が、もっとそうでしょうね。僕の方がミスが多かったんで、今後は機械のように走らないと…今日みたいにね。
いずれにせよ、チャンピオン候補にはエネアも入ってると思いますよ。」

【なぜそんなに慎重なの?】
「とにかく、あの2人方がずっとコンスタントですからね。僕も見習わないと。前回のレースでのことがきちんと身に付いてくれてると良いんですが…。今後はコンスタントを目指します。」

(参照サイト:『Gpone』)

バニャイアvsバスティアニーニ、軽く舌戦開始か…って話は、『2022 フランスGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. キャメル より:

    クアルタラロ、バニャイア、バスティアニーニ…

    精神的にもひとつ抜き出てるクアルタラロがチャンピオン有力と感じる。

  2. 元草レーサー より:

    王子、頑張れ!

  3. maxtu より:

    スペシャルカラーのヘルメットで優勝はお見事でした
    ヴァレは何故かスペシャルカラーだと勝てない事が多かったので
    今回のデザインはヴァレがイタリアで被ったのと似てるよね
    ペッコも年に何度かスペシャルカラーヘルメットで楽しませてくれると嬉しいな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP