MotoGP

モトGPライダー契約交渉、6月最新情報

『モトGPライダー契約交渉、6月最新情報』

★モトGP選手の契約交渉は、現在、ジョアン・ミール&アレックス・リンス(スズキファクトリー)の動きにかかっている。

★6月9日、KTMファクトリーがジャック・ミラーと、2年契約(2023/2024年)を締結したことを公表した。
ミラー選手はブラッド・ビンダーとチームを組むこととなる。

★KTMテック3チームはレミー・ガードナーとの契約更改が決まりそうである。
ラウル・フェルナンデスは離脱確定の模様。その後任には、ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)の名前が上がっている。

★ヤマハファクトリーはファビオ・クアルタラローが、先日、2年の契約更改を公表している。
フランコ・モルビデッリは既に2023年末まで契約済みだが、その前に離脱する可能性が出ている模様。

★今年、ヤマハRNFチームから参戦しているアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今年末に引退することが予想されている。ダリン・ビンダーについては、モトGP参戦継続の可能性はない模様。

★アプリリアファクトリーは、アレイシ・エスパルガロ&マーヴェリック・ヴィニャーレスと2年の契約更改済み
来年から新設されるプライベートチーム(※ラズラン・ラザリ氏のRNFチーム)の2シートについては、アレックス・リンスがアレイシ・エスパルガロの強力な推薦を受けて有力な模様。
もう1名は若手ライダーが想定されており、チェレスティーノ・ヴィエッティ(現在、モト2総合首位。VR46ライダーズアカデミー)やラウル・フェルナンデスの名前が上がっている。また、アレックス・マルケスがホンダLCRから放出された場合、同プライベートチームに加入する可能性もある。

★ホンダファクトリーはマルク・マルケスと2024年末まで契約済み。
現チームメイトであるポル・エスパルガロは今年末に放出されることがほぼ確定しており、その後任にはジョアン・ミール(スズキファクトリー)が最有力候補と言われている。

★ホンダLCRチームは、アレックス・マルケスと契約更改する可能性が高い。
タカアキ・ナカガミの放出はほぼ確定している模様で、その後任としてポル選手にオファーが出されているが、KTMテック3移籍の可能性が高い模様。

エネア・バスティアニーニ(ドゥカティグレジーニ)にはドゥカティファクトリー昇格orドゥカティプラマック移籍の2つの可能性があり、プラマックチームの新メインスポンサーがバスティアニーニを強く希望しているが、ファクトリー昇格の可能性の方が高い模様。

★グレジーニチームにはバスティアニーニ後任として、ミゲル・オリヴェイラ加入の可能性がかなり高い。オリヴェイラ本人もドゥカティ機での参戦を強く希望している。
当初、同チームへのアレックス・リンス加入が取り沙汰されていたが、その場合、リンス選手の契約金はスズキファクトリー時代より大幅に減額されることとなる。
なお、最近、ジョアン・ミールが同チームに加入する可能性も浮上している。

(参照サイト:『Corse di moto』)

オリヴェイラが「テック3には絶対に移籍しない」って言った話は、『2022 イタリアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥2,860
(2022/07/06 17:23:31時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. タディの星に願いを より:

    こんなに大シャッフルなのは珍しいですね、スズキショックの影響に違いないけど モルビデリの陰にラズガットリオグルの陰が見えないでもない

  2. タディの星に願いを より:

    ラズガットリオグルの姿、ですね失礼を

  3. maxtu より:

    YAMAHAはリンス獲れば良いのにライダーから人気無いのかもね
    人気株はDUCATIだけど年俸のバランスが難しくてミル、リンスは安価じゃ納得しないし、それなら安価で若いオリヴェイラ、ラウルらの方が賢いよね
    ザルコの成功をみてKTM→DUCATIへのパターンができる?

    それにしても中上はHONDA離脱=GP撤退は残念過ぎる
    他メーカーからの評価も低いのかな

  4. ゴロワーズヤマハ より:

    LCR、中上君後任にポルにオファーと言うことは…、

    出光がポル車のスポンサーというのは無さそうなので、出光はLCRのサポートを終了して、いよいよチーム・アジアのモトGPクラス参戦ある?と期待!

  5. KAMA より:

    LCRの出光枠の行方が気になる所、アレックスを放出してフェルナンデスと契約しないかなと夢想。

  6. 鯖通り より:

    KTMの現状を見るとコンセッションの無くなった来季のアプリリアってのもリスク高そうなのでヴィエッティの様な才能ある若者は見送った方が良いのでは…ラウルはGP残留の為には是非もないって所でしょうか

  7. 田中 より:

    アプリリアのプライベートチームとグレシーニレーシングのシートがどうなるか?

    アプリリアの場合、成績次第ではビニャーレスの後任というワークス昇格のオプションもある。
    アレイシがリンスを推してるのでリンスは決まりかな。あとはラウル?

    グレシーニにミルが入ってほしいな、ワークス契約、ワークス待遇で。

    リンスにしてもミルにしてもギャラの問題はあるが、戦闘力のあるマシンと体制でスズキ撤退の屈辱を晴らしてほしい。かつ、今季優勝もしてほしい。

  8. あん より:

    大逆転人生ゲーム(笑)

  9. すぱおー より:

    チームアジアのGPはドルナのワークスのみ採用の方針とアジアンライダーのmoto2候補が育ってないので厳しいでしょうね。中上選手はやはりテストかSBKですかね?小椋選手上がるかな?レプソルはミルがいなければバスティアニーニにワークスを取られた事が確定しだいマルティンという話もありますからね。けどオリヴェイラの行方によって色々変わりそうですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP