MotoGP

アレックス・マルケスがホンダ批判『新パーツが機能せず、進化していけない』

『マルケス:新パーツが機能せず、進化していけない』

★2022年シーズンに向け、ホンダは新モトGP機を作り上げ、冬季テストおよび開幕戦で好調だったものの、それ以降は調子を落としている。

★アレックス・マルケスは2020年よりホンダファクトリーからモトGP昇格し、同年、2位を2回獲得した。
2021年よりホンダLCRから参戦しており、今シーズンの最高リザルトは7位(ポルトガルGP)で、現在、総合17位(40ポイント)に就いている。

★なお、マルケス選手は2023年、ドゥカティグレジーニから参戦することが決定している。

★マルケス選手が6月末、『El Larguero de la Cadena SER』のインタビューで次のように話した。

【今シーズン前半については?】
「胸を張れるようなレースも何回かあったけど、とにかく、ホンダ全選手が苦戦してますよね。容易ではないですよ。」

【冬季テストで、ホンダ機は好調だったが…】
「ホンダは2022年版マシンに対し、かなり大きな賭けに出てくれましたから。」

【2022年版ホンダ機はリアのトラクションが改善されたものの、その後、フロントにグリップの問題が出てきたそうで…】
「僕はカタールから問題が出てきてしまい…新しい案をだしてくれたり、新パーツを用意してくれたりはするんですが、上手く機能しないんですよ。
それで、うちは進化していけないんです。」

【今年11月のヴァレンシアテストは、ドゥカティ機の初乗りが控えているが…】
「試乗してみたら、あのマシンの長所短所が分かってくるでしょうね。
(ドゥカティグレジーニの)チームは優勝も何度もしてるでしょ。チームとしての歴史も長く、かなり経験も積んできてると思うんですよ。そう言うこともあって、一歩踏み出してみることにしたんです。」

【ところで、あのマルク・マルケスの弟であると言うことについては…?】
「時々、強く実感しますね。全てが完璧で上手くいってれば、また別の話なんでしょうけどねぇ…とにかく、助けになるよりは問題になることの方が多いです。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

ホンダだけでなく、日本メーカー全体の問題って話は、note『2022 ドイツGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
¥1,650
(2022/08/15 07:39:35時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    HRC統合でゴタゴタでもしてるのかいまいちやる気を感じられないような気が
    apriliaがF1の知見を取り入れて躍進したし
    本来ならHRCの統合もそういうメリットありそうなのに

  2. すぱおー より:

    ヤマハ、ホンダも止めることも選択肢に入ってそうで怖いですよね。まだマシなWSBK集中するのも良いかもとなりそうですし色々かかっているのに一部だけ盛り上がれば後は支援しないがって態度されますし…
    テストライダー問題もブラドルでダメだったSBK電制も日本での長嶋選手の意見から改善高まったとかありますし…ヨーロッパでわざわざやる必要ある?となりそうです。しかしテストライダー中上君らしいですがギュントーリ雇ってほしいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP