SBK SuperBike

『レイよ、移籍はするな!ロッシだって失敗したのだから』カール・フォガティ

『フォガティ:レイよ、移籍はするな!ロッシだって失敗したのだから』

★7月18日、カール・フォガティ元選手(1994〜95年、1998〜99年SBKタイトル獲得)が英サイト『Crash.net』のインタビューで次のように話した。

【ジョナサン・レイはカワサキと契約更改すると思う?】
「離脱の噂が出てるでしょ。現役時代、自分はそう言うミスを犯してしまったけどねぇ。勝てるチームを足蹴にしてしまい…そうなるまでに2年もかかったって言うのにねぇ。
あれでタイトルを2回は棒に振りましたよ…1995〜1997年まで、勝てるチームを散り散りにしてしまったんだから。
ジョナサンは6回タイトルを取ったけど、別に一生参戦できるわけじゃないんだし…あと何年かってとこでしょ。まぁ、分かんないけどね。とにかく、いまだ勝つ気満々でしょ。
カワサキでアンバサダーとして終身雇用してもらえるんだから、30半ばで他のチームに移るなんて危険を犯す必要はないでしょ。まぁ、最後はどうなるか分からないけど…。
とにかく、動かないのが得策でしょ。
まぁ、隣の芝生は青いなんて言うけど…ただ、実際、それを試した選手を見れば一目瞭然でしょ…アルヴァロ・バウティスタとかヴァレンティーノ・ロッシとか。俺もそうだしね。
いつも上手くいくとは限らないんだから。」
(※なお、この記事の翌日、カワサキとレイ選手の契約更改が公表されました。)

★フォガティ元選手は1988〜1990年までSBKにホンダ機でスポット参戦し、1991年に同機でフル参戦して総合7位となる。
1992年にドゥカティに移籍し、1994〜95年にタイトルを獲得するものの、1996年にホンダに復帰し、総合4位となる。
1997年、ドゥカティに戻り、1998〜99年にタイトルを獲得したが、2000年4月にレース転倒により負傷し、同年9月に引退を決断。

(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドゥカティがバニャイアに賭けたのは間違いだったのか?って話は、note『2022 ドイツGPまとめ』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP