MotoGP

2022ブリティッシュGP【モトGP:FP3リザルト&トピックス】

『2022ブリティッシュGP モトGP FP3リザルト&トピックス』

★8月6日(土)、ブリティッシュGP モトGPクラスのFP3が行われた。

★快晴。気温は昨日より高く、24度ぐらい。

★トップ5はイタリア二大メーカーのみで、アプリリアが首位と5位。ドゥカティが2/3/4位。

★予選2へダイレクト進出は以下の選手である。
兄エスパルガロ、マルティン、ミラー、ザルコ、ヴィニャーレス、クアルタラロー、バニャイア、ミール、マリーニ、リンス。

★アプリリア

首位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、1’58”254)。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは5位(+0.321)。

※両選手とも1周タイムは好調で、ペースに関しても絶好調。現時点ではPPおよび表彰台争いが可能。

★ドゥカティ

2位ホルヘ・マルティン(ドゥカティ・プラマック、+0.028)。
チームメイトのヨハン・ザルコは4位(+0.090)。終盤、第2セクターで区間最速を出していたのに転倒。

3位ジャック・ミラー(ドゥカティファクトリー、+0.078)。
チームメイトのフランチェスコ・バニャイアは7位。終盤に猛プッシュ中、兄エスパルガロ選手がアウト側を低速走行しているところに遭遇してしまい、バニャイア選手は急遽ブレーキをかけた。しかし、奇妙なかけ方をしてしまったようで、これにより好タイムは水の泡となった。兄エスパルガロ選手に怒ジェスチャーを送ったところ、送り返される。しかし、その後、和解していた。

9位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟)。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは11位(ルーキー)。

12位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ)。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは18位(ルーキー、愛称は『ディッジャ』)。

※ドゥカティ機は全体的に金曜セッションより一歩前進。
※今日はバスティアニーニ&ベッツェッキ両選手がテールカウルの新エアロダイナミクスを試用していた。

★ヤマハ

6位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。順位はイマイチだが、ペースは好調。同セッションでもロングラップペナルティを試し、タイムロスは0.8秒ほどだった(※他のトラックよりかなり短い)。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは13位。

17位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ヤマハWithU RNF)。
チームメイトのダリン・ビンダーは24位(ルーキー、最下位)。

★スズキ

8位ジョアン・ミール(スズキファクトリー)。
チームメイトのアレックス・リンスは10位。

※今回は両選手とも好調。

★KTM

14位ミゲル・オリヴェイラ(KTMファクトリー)。
チームメイトのブラッド・ビンダーは19位。

21位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは23位(ルーキー)。

★ホンダ

15位アレックス・マルケス(ホンダLCR)。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは20位。

16位ポル・エスパルガロ(ホンダファクトリー)。
チームメイトのステファン・ブラドルは22位(テストライダー)。マルク・マルケス代役(※回復期間については9月中に判明する予定)。

『2022 ブリティッシュGP モトGP FP3リザルト』



『2022 ブリティッシュGP モトGP FP3総合リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
Walkers(ウォーカー)
¥475
(2022/08/13 22:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP