MotoGP

バスティアニーニ決定、2023年よりドゥカティファクトリー

『バスティアニーニ決定、2023年よりドゥカティファクトリー』

★8月26日、ドゥカティがエネア・バスティアニーニ(24才)を、2023/2024年にファクトリーチームからモトGP参戦させることを公表した。

★チームメイトはフランチェスコ・バニャイア(25才)なので、イタリア人コンビとなる。

★ドゥカティは今シーズン序盤より、バスティアニーニ選手とホルヘ・マルティンのどちらを同シートに昇格させるか検討し続け、当初よりオーストリアGP終了後の8月末に決定すると明言していた。

★当初、マルティン選手の方が有力と見られていたが、今シーズン、バスティアニーニ選手は急成長を遂げ、3勝したうえ、先のオーストリアGPでは初PPも獲得していた。

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Moto.it』)
(Photo:Twitter

バスティアニーニは、なぜウィング損壊でも速かったのか?って話は、note『2022 ブリティッシュGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. としあき より:

    急成長というか今年ようやく戦えるマシンを与えられただけで
    ルーキーからマルティンと同じかそれ以上だったと思います
    まあそのときのマルティンは吹っ飛んだ怪我の影響もあったでしょうけどね

    とりあえずおめでとうバスティアニーニ
    オプションじゃなくちゃんと2年契約なのもいいね

    マルティンへそ曲げるだろうなー…
    ペッコやりづらくなるだろうなー…

  2. maxtu より:

    若きイタリアンライダー2人体制か
    イタリア国内じゃペッコ派、バスティ派に分かれそうな予感
    どっち先にDUCATI初のイタリアン王者になれるか?
    同時にポスト・ヴァレの座の争いでもあるね

  3. すぱおー より:

    どちらでも納得と思ってましたが、やはり最近のライディング等でエネアでしたか…これでペッコがエネア嫌ってる噂本当なら最近仲のいい(KTMは解りませんが)ワークスチーム多かったので久々にロレンソ ロッシみたいな関係の速さだけが担保のチーム関係になりますかね?ペッコのスロースターター的には危機感ある方が良いかもと思いますがどうなるか…

  4. タディの星に願いを より:

    ファン目線ではどっちでもよかった。マルティン、前回で口が災いしたのかな ペッコのタイトル獲得に協力しないかもと。 両者のコミュニケーションスキルも検討したのだろうし。これでマルティンのファクトリー入りの可能性は下がるかなぁ‥下からガンガン上がってくるから、ザルコ枠になってしまうよ

  5. よっすい より:

    正直、ミラーと置き換えることに未だ疑問。ミラーも移籍が決まったからこそ本来の姿に戻ってきた感もあるけど。やたら他のライダーに目移りするドゥカティワークス、チームとして来年大丈夫かな?

  6. 完全変態 より:

    ビアッジとロッシの関係の再現?

  7. nyokicco より:

    ミラー選手のほうが、挑戦するときとサポートに徹するときの空気が読めるので良かったと思いますが

  8. 田中 より:

    争わせる方向か。
    バトルに強いエネアvs王子ペッコか。

    個人的にはミラーのほうがNO2という立場をわきまえられる存在だったのに。最近は安定感もあるし。
    ホントミラー放出は、よくわからない。一説ではギャラダウンをミラーが受け入れなかった、とか。
    ドビィの時も最終的にはギャラがネックだったからね。

    うーんなんだか微妙。

  9. うに より:

    だれでも問題ないが、やはりベスティア。

    マルティンも問題なく、来年も力を発揮するだろうし、
    バニャイアも相手が誰であれ、自分の力を発揮するだろう。

    3人共に相手が誰かより、自身の安定感をあげるのをまずやらなくちゃね。

  10. ガ~やん命 より:

    こないだのブルリンクがかなり重要だったはずだが、ワークスのミラーを巻き込みかねない危険なアタック&転倒がマルティンの株を下げたのは間違いないね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP