MotoGP

2022オーストラリアGP【モトGP:予選リザルト&トピックス】

『2022オーストラリアGP モトGP 予選リザルト&トピックス』

★10月15日(土)、オーストラリアGP モトGPクラスの予選が行われた。

★今回も超ハイレベルな予選だった。

★予選2へダイレクト進出したのは以下の選手。
兄マルケス、マリーニ、マルティン、兄エスパルガロ、ベッツェッキ、ミラー、弟マルケス、バニャイア、ヴィニャーレス、クアルタラロー

★予選1から予選2へ昇格したのは、ザルコ&リンス選手。

★ドゥカティ

首位ホルヘ・マルティン(ドゥカティ・プラマック、1’27”767)。13GP振りのPP獲得。ペースはいまいち。ただ、前方スタートの時は手強い選手である。
マルティン選手のコメント。
「実に上手くいきました。フロントがいまいちだったけど、頑張ってプッシュしてみました。ここ最近のレースでは常に強い走りができてるので、最後まで戦えるようなペースを出せたらと思ってます。」
(※マルティン選手はバニャイア選手に対し、チームプレイはしないと公言している。)
チームメイトのヨハン・ザルコは6位。予選1を首位で通過。

3位フランチェスコ・バニャイア(ドゥカティファクトリー、愛称は『ペッコ』)。兄マルケス選手に後追いされても、常に減速せず。作戦的には減速した方が良いのだが…
バニャイア選手のコメント。
「減速して(後追い選手を)前に出したとしても、もしかしたら目の前で逆に減速されるかもしれないし…とにかく、僕は前に誰もいない状態で走りたいし、今回のリザルトにも満足してますから。
さいわい、うちは超速の走りができていて…FP4で上手いこと作業ができたんですよ。他の選手に喰い付かれても、誰も気にはしてないでしょ。」
なお、同選手は予選では常に、ほぼ全てのライバル選手から後追いされているため、本来ならば平静を保つのは難しい。FPセッションでは苦戦していたが、FP4の途中から復調し、トップレベルのペースを記録していた。
チームメイトのジャック・ミラーは8位。

7位ルーカ・マリーニ(ドゥカティVR46、ロッシ異父弟、愛称は『マロ』)。
チームメイトのマルコ・ベッツェッキは9位(ルーキー、愛称は『ベス』)。

15位エネア・バスティアニーニ(ドゥカティ・グレジーニ、愛称は『ベスティア』)。レース終盤の追い上げが得意ではあるが、ここ最近、ペース面が超速とは言えない。
チームメイトのファビオ・ディ・ジャンナントニオは20位(ルーキー、愛称は『ディッジャ』)。

★ホンダ

2位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。優勝候補の1人。またバニャイア選手のスリップストリームを活用。1回目&2回目の出走の両方で後追いしていた。
マルケス選手のコメント。
「ペッコ(バニャイア)のスリップストリームを利用することにしました…1周タイムが最強の選手だし、ドゥカティ機は直線コースが速いですからね…かなりの助けになるんですよ。
僕はペースが良いし、身体の調子も良いんで…少しづつ良くなっていってますね。」
チームメイトのポル・エスパルガロは13位。

11位アレックス・マルケス(ホンダLCR、+0.125)。
チームメイトのテツタ・ナガシマは24位(最下位)。タカアキ・ナカガミ代役。

★アプリリア

4位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)。今回、優勝しておかないとタイトル獲得は難しい。
チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは12位。

★ヤマハ

5位ファビオ・クアルタラロー(ヤマハファクトリー)。好ペースだが、優勝は難しそう。しかし、今回、優勝しておかないとタイトル防衛は難しい。しかも、グリッド6〜9位は全員ドゥカティ選手である。
チームメイトのフランコ・モルビデッリは23位(愛称は『フランキー、モルビド』)。超苦戦。ヤマハ勢の最下位。

17位カル・クラッチロー(ヤマハWithU RNF)。引退したアンドレア・ドヴィツィオーゾ後任。
チームメイトのダリン・ビンダーは18位(ルーキー)。

★スズキ

10位アレックス・リンス(スズキファクトリー)。予選1を2位で通過。
チームメイトのジョアン・ミールは14位。

★KTM

16位ブラッド・ビンダー(KTMファクトリー)。
チームメイトのミゲル・オリヴェイラは21位。

19位レミー・ガードナー(KTMテック3、ルーキー)。
チームメイトのラウル・フェルナンデスは22位(ルーキー)。

『2022 オーストラリアGP モトGP 予選2リザルト』



『2022 オーストラリアGP モトGP 予選1リザルト』



『2022 オーストラリアGP モトGP FP4リザルト』




(Photo:Motogp.com

created by Rinker
Arnott's(アーノッツ)
¥3,279
(2022/12/04 07:10:26時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. SRX より:

    クアルタラロ悪くは無さそうだけど1,4セクターがドゥカティに比べてしんどそう。
    スタートダッシュ決まらないと混戦に巻き込まれてタイヤ消耗で勝負ありのパターンが散見される。
    後半戦になってからは皆スタート改善してきてるんだよな。

  2. うに より:

    クアルタラロより上位にバニャイアをサポートするドカがいないと思えばまだ救いはあるかな。
    FP3も4もいまいちだったけど、スタートが上手くいけばそれなりに戦えるはず!

    モルビデリ〜〜。。

  3. maxtu より:

    ザルコの予選1から予選2進出、中位パターンって多くない?作戦なのか?
    他よりたくさん走りたいとか

    マルケスはまだ不安定なところがあるからペッコ、ファビオ、アレイシの巻込み事故だけは気を付けて

  4. K51 より:

    フィリップアイランドでDUCATIがこんなに早くなるとはなぁ…

  5. きよむす より:

    マルティンの写真が桑田のマネしてるあばれる君に見える。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP