MotoGP

モトGP契約交渉・去就【最新情報】

『モトGP契約交渉・去就【最新情報】』

★現在、ホンダファクトリーは2024年に向けてマルク・マルケス後任選手を探しており、現時点での関連情報は以下のとおりである。

・当初、最有力候補とみなされていたヨハン・ザルコについては、最近、本人がホンダLCRで決定していることを公言している。
ホンダのアルベルト・プーチ氏(チームマネージャー)が最近のインタビューで、「(ホンダ側は)ザルコについて触れたことはない」と話しつつ、「(マルケス後任候補の)選択肢は非常に少ない」とも言っていた。
また、契約がありながらも売り込みに来る選手も複数いるそうで、「しかし、複雑だから」と言っていた。

イケル・レクオナについては、10月26日にホンダのSBKファクトリーチームと2025年末まで契約更改したことが公表されたため、マルケス後任としてモトGPに移籍する可能性はなくなった。
ちなみに、レクオナ選手のチームメイトであるシャヴィ・ヴィエルジェも同様に契約更改となった。

ミゲル・オリヴェイラは(ホンダファクトリーからの)1年契約を拒否した模様。
なお、アプリリアファクトリー両選手に関しては、もともと最初から移籍の可能性はほとんどない。

・現時点ではファビオ・ディ・ジャンナントニオがマルケス後任となる可能性が高いと見られており、タイGP中、同選手のマネージャーがホンダ側と詳細について話し合う模様。

マヌエル・ポッジャーリ元選手(2001年125cc総合優勝、2003年250cc総合優勝)は2022年よりグレジーニチームのコーチを務めているが、現在、ドゥカティのジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)が2024年に向けて、ポッジャーリ元選手をファクトリー選手用コーチに引き抜こうと動いている。なお、ファクトリー所属になっても、グレジーニ選手のコーチも部分的に行う模様。

(参照サイト:『Gpone』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『Corse di moto』)
(参照サイト:『AS』)

マルケスについてダッリーニャ爆弾発言の真意は?って話は、note『2023 日本GPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
小学館
¥1,650
(2024/06/22 02:33:33時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. ・・・ より:

    ポジャーリ氏も選手時代いろいろあったよね、、、

  2. 小太郎 より:

    この週末に結果を出す事ができたなら決定的になると思う。
    頑張れ、ディ・ジャンナントニオ。

  3. きゃめる より:

    オリヴェイラに一年契約とかふざけてるし。そりゃ来ないでしょうよ。
    ホンダの上層部の考えがわかりません…

  4. kai より:

    レプソル・ホンダなんてライダーなら誰もが憧れるシートだったのに、栄枯盛衰ですなぁ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP