MotoGP

『マルケスはドゥカティ内でも大きな障害になるだろう』クラウディオ・ドメニカーリ

『ドメニカーリ:マルケスはドゥカティ内でも大きな障害になるだろう』

★ドゥカティは2023年、モトGPクラスでフランチェスコ・バニャイアが2年連続でタイトルを獲得した。なお、総合首位〜3位までを独占している。

★スーパーバイク世界選手権(SBK)でも、アルヴァロ・バウティスタが2連覇を果たした。
また、スーパースポーツ部門ではニコロー・ブレガが、ドゥカティ機でタイトルを獲得した(※同選手は2024年にSBK昇格し、バウティスタ選手のチームメイトとなる)。

★2024年はドゥカティグレジーニにマルク・マルケスが加入するため、好結果が期待されている。

★先日、ドゥカティのクラウディオ・ドメニカーリCEOが、西サイト『Marca』のインタビューで次のように話した。

【この2年間、ドゥカティが大活躍しているが…】
「モトGPとSBKの両方で2連覇なんて、どのメーカーも成し遂げたことはありませんからね。
しかも、両カテゴリーともゼッケン『1』を使用しての2連覇でしょ。通常、選手らはゼッケン『1』を使いたがらないじゃないですか…『運が悪くなる』って言ってね。
つまり、うちはそうしたジンクスをも打破したと言うことですよ。」

【バニャイア選手は、同じドゥカティ機に乗るホルヘ・マルティンとの壮絶な戦いの末、2連覇を果たし…】
「スポーツってのは、そう言うもんですからね。負けた選手は辛いわけで…見ている方も辛いじゃないですか。
でも、ホルヘは実に優秀でしたよ…つまり、彼の未来は明るいわけでね。」

【2024年は、あのマルク・マルケスもドゥカティ機で参戦するが…】
「マルクとは協定を結んだような感じで…ドゥカティ機でどんな操縦をするのか、間近で見れるのは大きなメリットですからね。
ペッコやホルヘ、マルコ(ベッツェッキ)もマルクの操縦を見て、さらに向上していけると思うんですよ。
(マルケスは)確実に強い走りをするだろうし、チャンピオン候補になるでしょうからね。」

【デメリットもありそう?】
「全選手にとって、大きな障害になるだろうし…ドゥカティ内でも同様でしょうね。敵が1人増えれば、混乱も増すわけだから。
我々としては事故のない、スポーツマンシップに則ったレースになって欲しいと思っています。
私は接触って、あまり好きじゃないんですよ…危険じゃないですか。マルクは時々…ちょっと、そんな感じでしょ。」

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Twitter

マルティンのスタートミスは欠陥タイヤだったから?…って話は、note『2023 カタールGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
ジャパンインポートシステム
¥3,970
(2024/04/13 21:04:53時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    CEO自ら名指しで接触走行に触れるとか
    確かに日本メーカーではあり得ないなぁ

  2. fuji より:

    獅子身中の虫となることを危惧してる?
    ありえるよな

  3. ミラノマルコ より:

    スポーツマンシップにね!たのんますよ!w

  4. タディの星に願いを より:

    絶対に無理 またやらかすだろう とはいえ審議に入らない範疇で活躍してくれれば

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP