MotoGP

マルティン『2022年のような選択ミスはしたくない』

『マルティン:2022年のような選択ミスはしたくない』

★2月6〜8日、セパンサーキットでモトGP公式テストが行われている。

★ホルヘ・マルティン(ドゥカティプラマック、2023年総合2位)が、初日テスト(6日)で首位だった。

フランチェスコ・バニャイアとは対照的で、バニャイア選手が冷静かつ論理的、分析的なのに対し、マルティン選手は本能的な生粋のスピードライダーだ。

★マルティン選手が初日テスト終了後、次のように話した。

【好パフォーマンスを軽々と出しているようだが…】
「これほどのタイムで、しかも、こんなリズムで走れるなんて予想外でした。マシンの信頼感を速攻で掴めたんで、せかせかしないで済んだんですよ。
新エンジンを試したけど、いつものように長所短所があって…でも、戦闘力を高めるには何が必要か、年々、はっきり分かるようになってきてるんですよね。
それって、前進してるってことだし、前より強くなってるってことでしょ。」

【マシンはけっこう手を入れる必要があった?】
「去年と同様、最初から最後までセッティングは全然変えなかったです。
でも、明日以降は別のセッティングを試してみて、特定の状況下でサポートになるかどうかを確認したいです。」

【どの辺が前進したの?】
「特にブレーキングですね。あと、以前よりプッシュできるようにもなってるし。
ただ、色々とコメントする前に、まず他のことも試してみないと…2022年の時みたいなミスをしたくないんですよ。
2022年はエンジン選択をミスってしまい、シーズンずっとリスクを負ってしまったんで。
いくつかの特性は変わってしまってたけど、でも、気に入ってますよ。」

【ライバル陣はどんな感じ?】
「ホンダ選手らが、直線コースで超速なんですよね…ちょっと驚いてしまって。」

【ペドロ・アコスタについて?】
「けっこう速いけど、そこは驚いてません。」

(参照サイト:『Moto.it』)

created by Rinker
¥1,386
(2024/04/22 07:18:52時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP