MotoGP

エスパルガロvsモルビデッリ再び…

『エスパルガロvsモルビデッリ再び…』

★5月10〜12日、フランスGP(ル・マン)が行われ、フランコ・モルビデッリ(ドゥカティプラマック)が予選9位、スプリント12位、決勝7位だった。現在、総合位16(-114ポイント)に就いている。

★アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー)は予選6位、スプリント5位、決勝9位だった。現在、総合8位(-78ポイント)に就いている。

★決勝の最終ラップでモルビデッリ選手がエスパルガロ選手を抜いた際、接触ギリギリだったためエスパルガロ選手はコースアウトしてしまった。
エスパルガロ選手はその際、ブラッド・ビンダーにも抜かれてしまった。

★ゴール直後、エスパルガロ選手はマシンをモルビデッリ選手に寄せて、激しく抗議した。なお、モルビデッリ選手に処罰はなかった。

★決勝後、エスパルガロ選手が次のように話した。

【モルビデッリ選手による接触ギリギリのオーバーテイクについて、スチュワードパネル(審判団)に抗議した?】
「あの人達はチャンピオンリーグとか、何か別のスポーツでも観てた方が良いんじゃないんですか…もうどうにもできないんだから。
スチュワードパネルが判断を下すのって、転倒した時だけじゃないですか。結果ではなく、どう言う行動をしていたかを判断すべきだと思いますけどね。」

★モルビデッリ選手のコメント。

【エスパルガロ選手へのオーバーテイクについては?】
「最終ラップの最終コーナーだったんですよ…スペースがあったんで飛び込んで行ったんですが、(エスパルガロは)気に入らなかったみたいで…。
最近のオーバーテイクは、何がOKで何が駄目なのか分かりにくいんですよね…僕としては、接触しないなら抜いてもOKだと思うんですけど。
そもそも、これは接触が起こり得るようなスポーツなんだし。」

【特に処罰などはなかったわけだが…】
「とりあえず、スチュワードパネル(審判団)の判断は正しいと思います…僕の考えと同じなんで。
最近のモトGPはオーバーテイクが難しくなってるから、接触してしまうこともあるでしょうけどね。」

★なお、レース後会見の際、両選手がプレスルームで顔を合わせたため、報道陣の前でしっかり話し合いが行われ、最終的に和解した。

★両選手は昨年11月、カタールGPの走行セッション中も衝突している。
エスパルガロ選手はタイムアタック中、モルビデッリ選手に妨害されたとして同選手の頭を平手を叩き、その後、1万ユーロ(約170万円)の罰金を科せられ、グリッド順位を6つ下げられた。

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Instagram

created by Rinker
¥1,000
(2024/06/19 23:17:36時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. チャオ より:

    相手がまたモルビデリだったからなのか、ビニャとの力関係が去年と逆転してイラついてか
    何れにせよ沸点が低くなってないかい。去年の引っぱたき事件から応援する気は失せたが
    こんな隙だらけのインを開けてりゃ刺されて当然でしょ、己の脇の甘さから
    押し出された事をモルビデリに責任転嫁してないか。だしたらもう末期でしょこのヒトも。

  2. ほんだ より:

    このお方ついこないだザルコに対してかなりご立派な発言をしていたような

  3. TAK より:

    先入優先という意味ではアレイシが前だが、最近のオーバーテイクの裁定はよく分かんないですね。ただでさえ昔に比べて視界が悪そうなのに・・・

  4. ムチャ より:

    インに入れるスペースがあった。だから入った。
    アレイシも逆の立場なら入るだろう。

  5. 桑田裸郎 より:

    動画見たらパルガロめっちゃ煽ってるやん

  6. Cos より:

    アレイシの態度はちょっとアレだが
    モルビデリもちょっと今回だけじゃなくこういうの多すぎな気がするな

  7. 田中 より:

    フランキーは来季シートへの焦りもあるから。
    シーズン前のテストへも参加できず、来季のラインナップで出揃い始めるムジェロまでにはっいう焦りはあるだろうね。

    アレイシは引退、継続の具体的な話が進んでないんじゃないかな。それで集中力が去年ほど高まらない可能性はあるかもね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP