MotoGP

M.シモンチェッリ:文明人らしい非難をしてくれ

モトGP『シモンチェッリ:ル・マンではミスを犯した』




「バルセロナではスタンディングオベーションで迎えられたりはしないだろうけれど、でも、非難されるんだとしたら、文明人的なやり方でされたいですね。別のスポーツなんかで起きてるようなんじゃなくね。」
後数日でバルセロナGPが開催される今、マルコ・シモンチェッリ選手がル・マン戦でのミスについて振り返っている。
「よく考えてみた結果、自分が何を間違えたのかが分かったし、今後はもっと慎重になろうと思ってます。」
ペドロサ選手のケガの原因となったあの接触事故後、シモンチェッリ選手は脅迫メールを受取り、現在は護衛付きで行動している。

また、ル・マン戦では自身がミスを犯したと認め、次のように話している。
「今後、状況をきちんと判断しなければならないような局面では、もう少し慎重になろうと思っています。この2週間のブレイク期間中、ル・マン戦のことをしっかり思い返してみたんですが、今でもダニのことは残念に思っています。」
そして、それ故にこのように誓っている。
「良く考えた結果、自分が何を間違えたのかが分かったし、今後、状況をきちんと判断しなければならないような局面では、もう少し慎重になろうと思っています。」
また、話題がレースに移ると、バルセロナGPに向けては楽観的に構えており、
「色々な議論のことは忘れ、マシンに乗って、レースのために作業を進めたいです。今回のレースでは僕もチームも確実に高い所を狙っていけるんですから。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Mediaset.it 2011年06月01日




スペインサイトなんかでは、
このシッチの反省コメントを取り上げて
「保身に回った」なんて表現をしてましたが…

文明人らしバルセロナGP祈願クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP