MotoGP

N.ヘイデン:GP11.1機を試してみたい

モトGP『ヘイデン、GP11と11.1の間で揺れる』

Crash.net』によれば、ニッキー・ヘイデン選手が、チームメイトであるヴァレンティーノ・ロッシがGP11.1機について批判的なコメントをしているにもかかわらず、同機で少し周回してみたいと言う意向を明らかにしている。

ロッシ選手がアッセン戦より改訂版であるGP11.1機を使用し始めたのに対し、ヘイデン選手の方はずっと今シーズンのオリジナル機であるGP11に乗り続けていた。
次戦のラグーナセーカ戦よりヘイデン選手にもGP11.1機が提供される予定なのだが、ロッシ選手の方では今回のリザルトがあまりに期待はずれだったためGP11機を復活させる事を検討している。

今回、ロッシ選手よりも上位でゴールしたヘイデン選手は、今週金曜日のフリープラクティスでは両マシンとも試してみたいと語っているのだ。
「当然のことながら、ラグーナセーカ戦をとても楽しみにしています。大好きなサーキットだし、刺激的で面白いコース、それに僕のファンが大勢集まって熱気ムンムンになりますからね。
第1コーナーと『コークスクリュー』ゾーンはテクニカルだし、それ以外のゾーンでも次から次へカーブがあってね。モトGPのマシンで走ってると、まるでストレートなんてまるでないみたいでね。ずっとギアを変えて、カーブして、ブレーキかけて…で。信頼できるマシンで、アグレッシブに行くのが肝心ですね。
ホームレースとなるわけですが、うちのチームは絶好調と言う状態ではない。ただ、いつも通りに最善は尽くしてゆきます。ぼくの兄弟2人ともAMAスーパーバイク選手権に出場するってのが嬉しいですね。それに妹2人が2シーターマシンを走らせてるって言うし。
木曜日には、どのマシンを使うか最終的に決定すると思いますが、多分、GP11.1機もちょっとは試してみるつもりです。何が良いリザルトが出せるのかを検討してみますよ。」

(日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:MOTOCUATRO.COM 2011年07月20日




なかなか英語圏の選手と言うのは
よほど活躍でもしないかぎり伊・西サイトでは記事も少ないんですが
ヘイデン選手…良い人らしいですよねぇ、かなり。

チャレンジャー・ヘイデンに応援クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP