阿部典史:若きロッシを魅了した勇姿ふたたび

Pocket

モトGP『阿部典史、コースに再び』




レースが始まる前、故阿部典史選手の父、光雄氏による感動のメモリアル・ランが行なわれた。
2007年10月7日、交通事故により亡くなった息子を偲び、オートレーサーである光雄氏がコースを一周したのだ。

阿部典史選手と言えば長髪ロッカーの気配をたずさえた奇抜なライディングの選手で、デビューしたての若きヴァレンティーノ・ロッシを魅了しまくっていたのだ。1994年、鈴鹿での500ccレースで典史選手の走りを見て以来、現在の『ドクター』の異名を取るまでは『ロッシふみ』なる名前を自らに冠していたほどだった。




(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2011年10月02日






欧米人の心を揺さぶった日本人ライダーって…本当に多いですよね…


ノリックよ永遠に…クリックPrego

人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , , ,

One Response to 阿部典史:若きロッシを魅了した勇姿ふたたび

  1. vale46 2011年10月3日 at 3:35 PM #

    なぜ有望な日本人ライダーはみな死んで行ってしまうのだろう
    自分がWGPを見るようになって、WGPで死んだのは日本人ばかり
    若井(だと思いましたが)90年代初頭セパンのピットロードで、
    加藤大治郎、鈴鹿
    富沢ショウヤ、ミサノ
    安部典史、一般道の事故でしたが、ジュニアや子供たちの指導に尽力を注いでいました
    非情に残念でなりません。

コメントを残す

 

Top