ミニッツモトレーサーに挑戦してみましたぞ!!

Pocket

読者の皆さま、こんにちは!当ブログ管理人のLa Chirico(ラ・キリコ)です!!
さて、2月には例年にない大雪やら、個人的には引っ越しやらで『ミニッツモトレーサー』のレビューが…実は…いや、あの、当初は管理人みずからラジコンデビューを果そうと意気込んでたんですが、なにしろ此処はイタリア…
引っ越しの諸手続きは難航し(郵便局へ住所変更届に行ったら、PCが繋がらないやらなんやらで結局3度も通うはめとなり…しかも有料3000円ぐらい…)、新しい部屋の備え付け食洗機の調子が悪く修理屋を呼んだら朝7時半じゃないと来れないと言われ(実際には7時15分に来た…しかも、どこも悪くないと良いつつ出張料3500円ぐらい…)、こう言う時に限って虫歯が痛み出し意を決して歯医者へ行ったなら…治療はよもやの90分1本勝負(もちろん口は開けっ放し、唾液の吸引はろくにしてくれないので途中むせて死にそうになりつつ、終盤は己のヨダレで首筋とこめかみを冷たく濡らし…)、もはや身も心もぼろぼろになった管理人に『ミニッツモトレーサー』の操作はあまりにも高度すぎて手に負えず…すみません、結局、手に負えそうな人に委託しました。

と言うわけで、手に負えそうな請負人の『手』とホルヘ君(勝手に命名)こと『ミニッツモトレーサー』。



練習場所にうってつけの近所のバスケットコート。アスファルトがコーティングされていてラジコンを走らせるには理想的なんですが、時間帯を誤りました…。日曜の午後2時ぐらいに行ったところ、昼食後、早々に家を抜け出してきたイタリアのお子様たちがウヨウヨいて…困ってウロウロしてたら、おぉぉっ!こんなところにシッチ追悼サッカー試合の巨大広告が!!



さてさて、人気のない隅っこに移動するものの、荒れた路面にミニミニサイズのホルヘ君(1/18)が悪戦苦闘。やっと走り出したかと思えば、ただひたすら遠くまで行ってしまう放浪ホルヘ君…電灯に群がる昆虫のように近づいてくるイタリアのお子さま達の足元を(しかもローラーブレードなんぞを履いている)うろちょろしたりと危険このうえなく、早々に撤退。



その後、請負人は室内のツルツルフローリングで練習に励み、
「スライディングさせながら走らせるのが最高に楽しくなってきた!」と言いつつも、障害物が多いせいかガツンガツンとクラッシュ音が響き渡る。
あぁぁ、ホルヘ君が…2011年フィリップアイランドの二の舞になったりしたら…と心配しながら迎えた次の日曜日。今度は正午に繰り出したところ人っ子1人なし。



何とかコツが解り始めたと言う請負人。
直進の調整を既に済ませ、早速オーバル走行を練習し始めながら次のようにコメント。
「同じラインを走らせるのが、けっこう難しいですね。特にカーブ立ち上がりのステアリングの切り返しがね…反応が良すぎるのか思った方向に行ってくれないんです。
立ち上がりはアクセルワークだけで直線に入るのがいい感じですが、ここで決まったラインに入っておかないと、その後の修正を一瞬で行わなければならなくなる…まだ左右の旋回を間違ってしまうレベルなんで、けっこう至難の業ですね。
ジャイロのおかげでかなりゆっくり走らせる事も可能ですが、やはり問題はカーブ。油断するとコケますね。コケてもガードが付いているし、アクセルワークだけでまたすぐ自立して走行可能になってくれて…これまたジャイロのおかげ!すごいですね〜!!ジャイロやサスペンションの調整も可能なんで、もっと上達したら次のお楽しみにとっておく事にしようかな。」



と言うわけで、まだまだ鍛錬を要するようですが、なかなかやる気にさせてくれるホルヘ君であります。帰り道ではアドリア海をバックにホルヘ君の記念撮影。



そして、例の『イタたわGP&京商 ミニッツモトレーサー プレゼント』の応募締切りが2012年4月16日と、いよいよ迫ってまいりましたぞ〜!!
実は先日、ネット上で偶然、「どうぜ1人にしか当たらないから応募は諦めたよ…」なんて書いてる読者さんを見つけてしまいましたが、いや、その…管理人としては、けっこう今回のアンケート結果を当てにしてるんですよ…これを参考にして今年の記事選びの対策を練りたいなぁ〜と(今のところ、意外にもゴシップ記事の掲載希望が多くてビックリしてるんですが…)。
くじ運イマイチなんだよねぇ…って方も、お願い、開幕直後の景気づけってことで一発協力してくださいな♡
それでは、まだの皆様、応募にGAS(ガス)!!!

Ad & Relation Links

No comments yet.

コメントを残す

 

Top