SuperBike

WSBラスコルツ:現在、集中治療室で回復中

WSB『ラスコルツ:いまだ集中治療室』




カワサキからNinja ZX-10Rを駆ってWSB参戦していたホアン・ラスコルツが、4月2日イモラ公式テスト中に事故に遭い、現在はバルセロナ病院集中治療室に入っている。
同選手のチームマネージャーであり友人でもあるグイム・ローダ氏に『MCN』サイトが、今後の状況についてインタビューした。

「ホアンはまだ集中治療室に入っています。今週には出られるかと思っていたんですが、まだ早いと言うことで、多分、来週には出られるでしょう。肺にまだ何か影があるようなんですよ。鎖骨を骨折してたんですが、それはプレートが挿入されたんで、集中治療室から出たらすぐ『Goodmans Centre』に何日間か入ることになるでしょう。バルセロナの別の病院なんですが、リハビリ専門なんですよ。一番深刻なのは頸椎C6のケガですが、イタリアでの手術は成功しているし、現在、患部の炎症が引けてきている状態です。今のところホアンは両腕は動かせますが、両足はダメです。皆、最新の情報を待ってるんですが、ひどいケガだったんで入院リハビリは長いものになるでしょう。」


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事: Motograndprix 2012年04月19日



この他、スペインサイト『SOLOMOTO』の方に、同マネージャーのコメントとして以下の内容も報じられてました。
《最優先事項は根本的に快復させ、普通に話せるようにするため気管切開を閉じる等、状態を安定させることです。
事故原因やケガに至るまでの経緯などについての発表は最低でも2ヶ月後となるでしょう。》

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1.  ぎんちゃん より:

    勇気と才能ある若者が、少しでも元に回復するよう願うばかりです。
    頑張れ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP