プレツィオージ真実を語る:フルサワ、ロッシ、バージェスについて

Pocket


今日のミザノGP予選でもですね…TV解説者がけっこう話題にしてたのが…そう、あれ…ジェレミー・バージェスさんの二枚舌?発言についてですね。
その後、いっこうにドゥカティ側からのコメントなり反論が出ないってのも問題視されてたんですが…
ついにフィリッポ・プレツィオージエンジニアが口を開きました!!
例の、古沢政生さんが密会話を暴露しちゃったことについても語っとります。

『プレツィオージ:これが開発の真実だ』

gpone-preziosi-furusawa.jpg ★9月14日ミザノにて、ドゥカティのフィリッポ・プレツィオージが以下について語った。

★ジェレミー・バージェスチーフメカニックによるドゥカティ開発への批判について
「私達がやっているのはマシンへの継続的な開発だ。今年初め、まずアルミニウム製スイングアームを手がけた。2バージョン作ったが利点は生まれず、最も軽いカーボン製のを維持していた。うちのプランではエンジンをからめての改良を必要とする新シャーシの制作が想定され…バルセロナとラグーナセーカでおろしたエンジン3・4番には新たな改良が加えられていた。ラグーナ戦前…ムジェッロ戦の直後に改良シャーシ1号のテストをした。残念ながら電系ユニットのトラブルにより安全面を考慮してテストを中断しなければならなかった。
その後の改良版は…ミザノ戦翌日の月曜日に堅さの違うものをテストする予定でいる。ミザノでテストしたもので…実際に2つ作ってみたのだが、ヴァレンティーノが1つ選んでいる。この3つ目のは月曜日に使える。シャーシとは無関係のモディファイが1つあって…面白そうなのが2点ある。」

★古沢政生氏が密会を暴露した件について
「このレベルの技術者対談は世間が思うよりも多く行なわれている。技術にかなり耽溺したタイプの人間の話だ。フルサワとは以前、どこかのGPレースで会っていて…たまたまそうなっても大体は公にはされないものだ。どうして話す気持ちになったのかは本人に聞いてみなければならない。
本音としては驚きはした…口外されるとは思っていなかったが、ある意味において喜ばしい発言でもあった…なぜならば、私のことをサムライ魂を持った素晴らしいエンジニアと評してくれていたから。日本人がそう言うのは、なかなかの褒め言葉だと思うのだが。彼との関係は良好である。」

★ヴァレンティーノ・ロッシ移籍について
「この2年間、ヴァレンティーノからは人間的にも技術的にも多くを学んだ…だが、それについては今シーズン閉幕後に語りたい。今はヴァレンティーノと共に…ドゥカティファンのためにも、できるだけ好リザルトを得るべく作業に集中したい。オフシーズンになったら話せる時間ができるだろう。」

★2013年新ライダーらについて
「新入りライダーは最終戦マシンから始めなければならない…それで自信が出てきたら改良機をテストさせていくことになる。これが適切なアプローチだろう…まずマシンを理解し、それから作業していく…。ヘイデン/イアンノーネ選手は既にマシンについて知っているので話は別。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Gpone 2012年09月14日

とりあえず、バージェスさんの二枚舌?発言については、まぁ、特に「腹を立てている」でも「遺憾だ」でもなく、ただただ、これまでやってきた事実を淡々と述べてるだけでして…
シーズンが終わって冬になったら…いきなり悪口三昧になったりとか…まぁ、ないか…


ちなみに本日の予選では最速ラップまで出して6位を獲得したロッシ選手の方は、なかなか上機嫌であります。予選後のコメントも、どことなく色々とフォローしているような空気がなきにしもあらず…

「ラスト数分で出した最速ラップは驚異的だった。調子が良かった…テスト成果を活用できたからだ。マシンに加えた改良が効果を上げている。セッション中ずっと他の選手に接近して操縦できたし、出口でも他の面でも良くなった。最後はもっと上がらないかと思い…6位で2列目となった。良いリザルトだ…ペースに関してはそれほど他の選手とかけ離れていなかったから。少なくとも、すぐ前にいるグループとは。
レースに向け、まだ細かく仕上げていかなければならない点がある…ドライでたった1度セッションができただけだから。ペースを仕上げて、レースで安定するようにしなければ。予選は上手くいったが、何が何でももっと良くしなければ…他の選手もそうするはずだから。正しい方向に舵を取り直せたと言えるだろう…マシンが上手く走り始めているから。テストでの手応えが実証されてきてると言えるだろう。将来のことを思えば、これはイアンノーネへの贈り物になってしまうだろうけど…本望と言って良いだろう!(Mediaset.itより)」

ちなみに恒例の新ヘルメットはこちら。
infullgear-rossi-casco.jpg


ぼこぼこにされたボクサー姿のロッシ選手のイラストは、現在の苦境を揶揄しているのだとか。
頭頂部には『Come vado?(オレってどうなってんの?)』と書かれていて、これって苦戦してるボクサーの決まり文句だそうでして…
脇の方には『SempreLast(いつもビリ)』なんて文字も書かれてるようです…



いつもビリ…じゃないもん!!クリックPrego
人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top