MotoGP

2012年9月22日:今日のできごと:スズキ復帰でシュワンツ関与?、ロッシのフェラーリ、ヘイデン治療…etc


ほい!ほぼ9月22日のニュース集めてみました!!
まずはっと…最近、あんまり良いニュースのないケヴィン・シュワンツ元選手…
来年以降のスズキのモトGP復帰について、なかなか慎重な発言をしとります。

『シュワンツ:スズキ2014年モトGP復帰への関わり…知らない』

motoblog-schwantz-suzuki.jpg ★ケヴィン・シュワンツ(1993年500ccクラスチャンピオン)が、2014年よりスズキのモトGPワークスチームでチームマネージャー等の大任を担うのではないかと言う噂に対し、「最近、スズキと連絡を取っていないので分からない。」と答えた。

★現在、スズキは2013年にCSV-R1000ccでモトGPクラスにワイルドカード参戦、また、2014年同クラスにフル参戦することが予想されている。

★ケヴィン・シュワンツの『MCN』サイトへのコメント
「(スズキのモトGP復帰で大任を担えたら)素晴らしいけど、僕がその話を初めて聞いたのがインディアナポリス戦の時だから。来年の夏、ワイルドカード参戦するのに皆でここに来て、2014年に向けて尽力してくれるような人材探しをしていられたら良いなぁとは思うが、僕は選手やメカニック探しに回って歩くようなタイプではないし、それが自分の役割になるかどうかも良く分からないし。自分が良く分からないのに、世間の期待を膨らませたくはない。」

[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Motoblog.it 2012年09月22日記事抜粋より]


さて、話は変わりまして…
ヘイデン選手がミザノ戦後、またまたミザノ・サーキットに戻ってたみたいですね。

『ヘイデン:ミザノで右手治療』

★インディアナポリスの転倒で右手を負傷し同戦およびブルノ戦を棄権していたニッキー・ヘイデンがミザノ戦で復帰。9月21日に再度ミザノ・サーキットを訪れ、メディカル・センターで治療を受けていた。

★以下の写真(マルツィオ・ボンディ)の通り。治療担当はフィリッポ・ヴァレンティーニ。

bikeracing-hayden-mano1.jpg bikeracing-hayden-mano2.jpg bikeracing-hayden-mano3.jpg


[日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Bikeracing.it 2012年09月21日記事抜粋より]


もう…相変わらず足ツルツルなんだから!
この治療に関してはヘイデン選手も似たような写真をツイートしてましたね。
あっ、『本当にありがとう』ってイタリア語で書いてる!



最近、良いニュースがなかったバルベラ選手にもやっと朗報が届きました!って…私が言ってるんじゃないですよ!下の記事…スペインの『Motocuatro』サイトがそう言う風に書き出してたんですってば。

『バルベラ:Avintia BQRからCRTで2年間モトGP』

motocuatro-barbera-bqr.jpg ★エクトル・バルベラが Avintia BQRチーム(ラウル・ロメロ)と合意、向こう2年間モトGPクラスにCRT機で参戦することが決まった。契約金は1年間20万ユーロ(約2千万円)。

★ドゥカティ・プラマックがスピース/イアンノーネ選手らを『ジュニアチーム』として移籍させたため、バルベラ選手には2013年の選択肢としてCRT機かモト2降格しか残されていなかった。BQRチーム以外にはイタリアのイオダ・レーシングからも同額でCRT機参戦と言うオファーが来ていた。

[日本語翻訳:La Chirico / 西語記事:Motocuatro.com 2012年09月21日記事抜粋より]


さて、ミザノ戦の好リザルトのおかげか、余裕でこんなことをつぶやいてたヴァレンティーノ・ロッシ選手。



《暇だったし、今後の7週間で5レース残ってるだけなんで、ニュルブルクリンクに来てみたよ。》


ブランパン耐久シリーズへの参戦準備は、着々と進んでいるようですな!!

《これがニュルブルクリンク用のモンスターVR/46フェラーリ458カッセルレーシングが誕生するところ》

《旧ニュルブルクリンクに入るところ!感動だねぇ…グラン・ツーリズモの経験が助けになってくれますように。》

《みんな、なんて感動なんだ…旧ニュルブルクリンクのコース…まるでジェットコースターに乗ってるみたい。》


7週間で5レースか…クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP