Dakar

ダカール・ラリー2013:第4ステージ・リザルト、Nazca – Arequipa、+選手コメント

第4ステージ: Nazca – Arequipa
トータル 718 km: 429 km (移動) 289 km (SS)

『モト・カテゴリー:第4ステージ・リザルト』

tappa04-moto.jpg

『モト・カテゴリー:総合(第4ステージ終了)・リザルト』

tappa04-moto-ganaral.jpg

『オート・カテゴリー:第4ステージ・リザルト』

tappa04-auto.jpg

『オート・カテゴリー:総合(第4ステージ終了)・リザルト』

tappa04-auto-ganaral.jpg

(日本語翻訳:MOKU / 伊語記事:2013年01月08日 Motoit記事より抜粋)

『モトカテゴリー、第4ステージ主要3選手コメント』

Joan Barreda Bort (スペイン, HUSQVARNA – 第4ステージ1位 – 総合4位)
「本当に良いライディングが出来た。今日は大変で、すごく難しいステージになる事は分かっていたし、アタックしたかったんだ。今朝のスタートは24番手で、粉塵のせいで簡単には行かなかった。特にレース最初の20kmでね。それに電子ロードブックが壊れてしまい、全ステージ区間マニュアルで行かなくてはならなかったよ!。良いレースだった。」

Olivier Pain (フランス, YAMAHA – 第4ステージ2位 – 総合1位)
「大体、スペシャル・ステージの終わりの地点でグループに追いついた。何故かと言うとトップを走っていた選手らは総合順位からはちょっと外れてるし、僕には総合上位の連中をすぐに追い抜いて沢山タイムを稼ぐ力があったから、彼ら(ステージのトップ選手)の後ろに付きながら走ってたんだ。最初からプレーシャーも無く、自分のリズムで走れた。楽しめたし、そして転倒しないように心掛けてるよ、まだラリーは始まったばかりだし。あんまり総合順位で興奮しないようにしてます。ラリーはまだ続くし、僕の目標は毎日10位以内でレースを終える事。最後までこの調子で続けられると良いですね。」

Cyril Despres (フランス, KTM – 第4ステージ15位 – 総合3位)
「慎重に行った。これが最初ではないし、でも心配する事ではないね。自分の方法で戦ってます。この3日間リズムを保ち走った。全力は出さずに、エネルギーを温存してバイクに無理させずにプッシュする事にしたからね。後ろから気違いのように攻めて一日中粉塵の中にいて…もしメカニックのトラブルなんかに遭っても、それで運が無かったって事にはならないしね…ラリーはまだ長いんだし、僕は自分のペースで行くよ。」

日本語翻訳:MOKU / 伊語記事:2013年01月09日 Motoblog.it記事より抜粋)

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP