MotoGP

スズキ復帰:セパンでドルナと会合、アスパー&ド・プニエの可能性!?

スズキもここに来て、ドルナに最終確認を乞う為にセパンまで大使を送ったようですが、ドルナの答えは相変わらずオウム返し。

『ドルナ:スズキへ、ようこそモトGP』

gpone-suzuki-motogp.jpg

★スズキがモトGPに(再度)歩み寄りを見せており、スズキ代表の1人が浜松からセパンテストに赴いた。

★ハビエル・アロンソ氏(ドルナ、イベントエリア責任者)コメント
「こちらを訪ねて来ていたので、話をしました。当方の立場としては、(スズキの)準備が整った時点でテストに参加させられる可能性がある事を伝えました。同件に関し、(スズキは)検討中であり、いかに計画を進めていくかについて等を考えているようです。
彼らはプロジェクトを進めつつ、重要な会議が開かれる事になるのではないでしょうか。(スズキに対し)こちらの門戸は開かれてますから。」

★門戸は開かれているが、ただし条件付きで、先週のカルメロ・エスペレータ(ドルナ代表)のコメントは以下の通り。
「現在、グリッドに空きはなく、当方としては既存チームに対し責任がある。彼らが残留する権利に関しては保証します。どこかのチームが抜けない限り、スズキ復帰に関しては既存チームと契約しなければならないでしょうな。」


(日本語翻訳:moku / 伊語記事:2013年02月06日 Gpone記事より抜粋)


『ランディ・ド・プニエ:2013年スズキのテストライダーか』

motograndprix-depuniet-tester-suzuki-2013.jpg ★スズキが2013年のテストライダーとしてランディ・ド・プニエを抜擢するかもしれない。現在、チーム・アスパーでART機を駆る同選手が、スズキの新GSV-R 1000のテストをする可能性があると、『MCN』のマシュー・バート氏がTwitterで呟いている。

★マシュー・バート氏はジノ・ボルソ氏(アスパーチーム・マネージャー)に聞いたところ同件を認めたらしく、更にランディ・ド・プニエ自身が“話が決まるよう色々と進めているが、まだ100%決定ではない”と話している。

★もし同件が決まれば、来シーズン、アスパーがスズキワークス機で参加する可能性があるかもしれない。



(日本語翻訳:moku / 伊語記事:2013年02月04日 Motogranprix記事より抜粋)


結局、話の進展は無しで、ドルナの立場は常に同じ。こちらの条件を呑むのであれば、いつでもおいでと言う事。
結果は既存チームとスズキの話し合いで、何処かのチームに収まるだろうと言う感じですが、これまでの噂で判断すると、スズキの経験もあるド・プニエ選手の居るアスパーが最有力か?
そしてチームNGRフォワードについては…先日の当ブログの記事を参照して頂きたい。
でも、それじゃダヴィデ・ブリヴィオの噂ってなんだったの?
もしかしてドルナに潰された?!



人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP