Dakar

ダカール2014:第10ステージIQUIQUE – ANTOFAGASTA解説

ダカール2014:第10ステージIQUIQUE – ANTOFAGASTAはこちら

『モトカテゴリー:第10ステージIQUIQUE – ANTOFAGASTA』

Dakar 2014 Stage 10 Barreda


★ダカール2014は、最終ステージまで3ステージを残すだけとなった。

★総合首位のマルク・コマ(KTM)が、コンスタントにラリーをこなしライバルに対し有利に立っている。好敵手ホワン・バレダ(ホンダ)は、昨日のペナルティーがあるとはいえ本日のステージ優勝で望みをつないだ。

★第10ステージは大きく4セクションに分かれる。第1に移動の53km、そしてスペシャルは前半231kmと後半の215kmに分かれるが、スペシャルの前半〜後半の間に無計測の移動区間が挿入されている。

★スタートは第9ステージ優勝のコマ選手からシリル・デプレ(ヤマハ)と順にスタートし、最初の計測ではデプレ選手が最速であった。第3チェックポイントでは、バレダ選手がチームメイトのエルダー・ロドリゲス(ホンダ)を抜いてトップ集団首位に立ち、スペシャルの前半を終了した。

★オーガナイザーの発表に依ると、ジェレミアス・イスラエル(スピードブレイン)が事故を起こした。突起した岩に衝突し、ライダーは緊急搬送されたが顔面と肩を負傷した。

★スペシャル後半もバレダ選手が違いを見せつける。ロドリゲス、デプレ、そしてオリビエ・パイン(ヤマハ)が最後の最後まで追うが十分ではなかった。

★バレダ選手が第10ステージ優勝を果たすが、総合ランキング首位のコマ選手(5位)とのギャップは約45分である。

★総合ランキング3位のジョルディ・ヴィラドムス(KTM)が11位でラリーを終えた。パイン、ロドリゲス、デプレの活躍が彼のポジションを脅かす。

★第11ステージではファイナル・スプリントが始まる。Atacama砂漠の真っただ中のスペシャル605kmを走破する。

(Source:2014年1月15日 Motociclismo 記事より抜粋)

ダカール2014:第10ステージIQUIQUE – ANTOFAGASTAはこちら



[amazonjs asin=”B000EIF4Q8″ locale=”JP” title=”戸井十月Presents<世界の廃墟 南米篇>「砂漠の蜃気楼 ハンバーストーン」 DVD”]
[amazonjs asin=”4861996112″ locale=”JP” title=”死ぬまでに行きたい! 世界の絶景”]

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP