SBK SuperBike

2014 SBK スーパーバイク:ガイドブック【保存版】

『スーパーバイク2014、ガイドブック』

La-guida-al-Mondiale-2014


2014年FIM SBK スーパーバイク(第27回)が2月23日、オーストラリアのフィリップアイランドを皮切りに開催される。
コンストラクターはAprilia、BMW、Ducati、EBR、Honda、Kawasaki、MV Agusta、Suzukiの8社で、9チーム/15人のライダーがエントリーするが、更に9チーム/12人のライダーからなる新カテゴリーのEvoクラスが加わる。
2014年シーズンは全14レースを戦う予定。

SBKスーパーバイク世界選手権2014エントリーリスト

N. チーム ライダー マシン
1 Tom Sykes Kawasaki Racing Team Kawasaki ZX-10R
2 Christian Iddon Team Alstare Bimota BB3 (EVO)
7 Chaz Davies Ducati Superbike Team Ducati 1199 Panigale R
9 Fabien Foret Mahi Racing Team India Kawasaki ZX-10R (EVO)
10 Imre Toth Racing Team Toth BMW S1000RR
11 Jeremy Guarnoni MRS Kawasaki Kawasaki ZX-10R (EVO)
20 Aaron Yates Team Hero EBR EBR 1190RX
21 Alessandro Andreozzi Team Pedercini Racing Kawasaki ZX-10R (EVO)
22 Alex Lowes Voltcom Crescent Suzuki Suzuki GSX-R 1000
23 Luca Scassa Team Pedercini Racing Kawasaki ZX-10R (EVO)
24 Toni Elias Red Devils Roma Aprilia RSV4 Factory
32 Sheridan Morais Iron Brain Kawasaki SBK Team Kawasaki ZX-10R (EVO)
33 Marco Melandri Aprilia Racing Team Aprilia RSV4 Factory
34 Davide Giugliano Ducati Superbike Team Ducati 1199 Panigale R
44 David Salom Kawasaki Racing Team Kawasaki ZX-10R (EVO)
50 Sylvain Guintoli Aprilia Racing Team Aprilia RSV4 Factory
52 Sylvain Barrier BMW Motorrad Italia Superbike Team BMW S1000RR (EVO)
56 Peter Sebestyen Racing Team Toth BMW S1000RR (EVO)
58 Eugene Laverty Volcom Crescent Suzuki Suzuki GSX-R 1000
59 Niccolò Canepa Althea Racing Ducati 1199 Panigale R (EVO)
65 Jonathan Rea Pata Honda World Superbike Team Honda CBR 1000RR SP
71 Claudio Corti MV Agusta Reparto Corse Yakhnich Motorsport MV Agusta F4 RR
76 Loris Baz Kawasaki Racing Team Kawasaki ZX-10R
84 Michel Fabrizio Iron Brain Kawasaki SBK Team Kawasaki ZX-10R (EVO)
86 Ayrton Badovini Team Alstare Bimota BB3 (EVO)
91 Leon Haslam Pata Honda World Superbike Team Honda CBR 1000RR SP
99 Geoff May Team Hero EBR EBR 1190RX


チーム、ライダー、マシンの概要

アプリリア・レーシングチーム:同チーム2年目を迎えるシルバン・ギュントーリはシーズンオフ中に肩の手術をし、まだ本調子ではない。昨年、活躍したユージーン・ラバティが抜け、その後任にマルコ・メランドリが就く。メランドリ選手が2年間在籍したBMWは、昨年一杯でオフィシャルチームを撤退した。同選手とアプリリアは世界選手権250クラスで、2002年タイトルを制覇した経験を持つ。
アプリリアで20年間、技術ディレクターを務め、チームとマックス・ビアッジの2度のタイトル制覇に貢献したジジ・ダリーニャが、ドゥカティに移籍した。後継者には同社の開発責任者、ロベルト・アルベジアーノが就任。

BMWチーム・トース:唯一、BMW S1000 RRで参戦。ライダーのイムレ・トース(1985年ハンガリー出身)はチームオーナーでもある。ロードレース世界選手権およびスーパースポーツで、フル参戦した経験がある。

ドゥカティ・スーパーバイクチーム:4年間のブランクを終え、再度オフシャルチームとして参戦する事となり、全てが新しくなった。ライダーは、ドゥカティ・チームアルテアで2011〜12年の2シーズンを過したダビデ・ジュリアーノ。チャズ・デービスは、BMWがオフィシャルチームを撤退した事から同チームに移籍して来た。チームの再出発は、エルネスト・マリネッリ(プロジェクト・ディレクター)とセラフィーノ・フォティ(チーム・マネージャー)が担う。Panigale 1199Rが2013年の悲惨な結果を忘れ、コンペティティブになれるかどうかが見所。ポルティマオ・テストでは、ジュリアーノ選手が3位に付けポジティブな結果であった。

カワサキ・レーシングチーム:勝てるチームは変わらない。2013年のトム・サイクスのライダーズタイトルは、1993年(スコット・ラッセル)以来のタイトル獲得であった。同選手は、今シーズンは追われる身になる。チームメイトには、昨シーズン総合8位のロリス・バズ。

MVアグスタRCヤクニッチ・モータースポーツ:MVアグスタは、かつてジャコモ・アゴスティーニと共に大活躍した。デビューとなる今シーズンは、イタリアのマシン&ライダーで挑む。ライダーのクラウディオ・コルティは26歳、2013年にはカワサキCRTでチームNGMモバイルからモトGPに参戦しており、F4 RR機は初めてである。

パタ・ホンダ・ワールドスーパーバイクチーム:昨年、ジョナサン・レイはニュルブルクリンクの事故で左大腿骨を骨折し、9月にレースを離脱した。同選手はホンダでの参加7年目を迎えた。チームメートはレオン・ハスラム。ハスラム選手も昨年第3戦のアッセンで負傷し、そのため残りのレースは散々であった(6回リタイヤ)。ホンダが最後に優勝したのは2007年である。

レッドデビルズ・ローマ:シーズン2013は終盤4戦を残した時点で、ライダーをミッシェル・ファブリッツィオからトニ・エリアスに替えた。エリアス選手は同チーム唯一のライダーとして参戦する。今年3月で31歳のベテランライダー(モト2チャンピオン)はドルナからの支援を受け、同世界選手権に出場する唯一のスペイン人でもある。

チームヒーローEBR:EBRはEric Buell Racingの略称で、シーズン2014からSBKに参戦する新チームである。チーム本社は米国ウィスコンシン州、ライダーは40歳のアーロン・イェイツとジォフ・メイ。EBR1190 RX機の予算は、インドのヒーロー社が負担する。チームの本拠地はイタリアのヴェルデッロ(ベルガモ県)に置かれている。

ヴォルティコム・クレシェント・スズキ:スズキはゼロからの再出発となる。チームマネージャーはポール・デニング。ユージーン・ラバティは昨年の準優勝ライダーでアプリリアから移籍。チームメートのアレックス・ローズは23歳、昨年のブリティッシュ・スーパーバイクのタイトルを獲得し、ポルティマオ・テストでは最速であった(その際の2位はラヴァティ)。

EVO機と新レギュレーション

2015年よりスーパーバイク世界選手権は、全てEVOカテゴリーとなる。同カテゴリーはスーパーバイクの車台を使用するが、電制システムとエンジンは異なり、これらは市販機と全く同じものが使用される。ドルナ/FIM/MSMAの目的はコスト削減にあり、エンジン使用数はSBK機が各ライダーに8基づつ、EVO機は各ライダーに6基づつと定め、トランスミッション、ブレーキ、サスペンションは自由とした。エンジン排気量は4気筒が1000cc、2気筒が1200ccを上限とするが、2気筒は引き続きエアーレストリクター(吸気制限)の装着が義務づけられる。最低重量は165kgのまま。タイヤは2013年に導入されたピレッリ・ディアブロ・スーパーバイクの17インチで、両カテゴリー共に同じものを使用する事になるであろう。SBKとEVOは混合してサーキットを廻るが、1周1.5秒程度の違いがあるだろう。

EVOカテゴリー、エントリーチーム

チーム ライダー マシン
Althea Racing Niccolò Canepa Ducati Panigale 1199R
BMW Motorrad Italia Superbike Team Sylvain Barrirer Bmw S1000 RR
BMW Team Toth Peter Sebestyen BMW S1000 RR
Iron Brain Kawasaki SBK Team Michel Fabrizio / Sheridan Morais Kawasaki ZX-10R
Mahi Racing Team India Fabien Foret Kawasaki ZX-10R
Kawasaki Racing Team David Salom Kawasaki ZX-10R
MRS Kawasaki Jeremy Guarnoni Kawasaki ZX-10R
Team Alstare Ayrton Badovini / Christian Iddon Bimota BB3
Team Pedercini Luca Scassa / Alessandro Andreozzi Kawasaki ZX-10R


スーパーポール

新スーパーポールは各15分間の2セッションで行われ、間に10分のインターバルを挟む。参加資格はフリー走行3回における上位20選手とし、まず上位10位までの選手は直接スーパーポール2へ進出でき、残り10選手はスーパーポール1の結果、上位2選手がスーパーポール2に参加出来る。スーパーポール2には合計12選手が参加する。
今回の変更の目的はモトGPのレギュレーションに近づける事である。スターティンググリッドに見られる1列3マシンずつ/斜めの配列も同様の目的で、昨年から導入されたものである。

タイムスケジュール

フリー走行、スーパーポール、レース共に変更が加えられた。
3回のフリー走行(スパーポール予選)は各45分間。

フリー走行(スーパーポール予選)
金曜日:11時45分〜12時30分、15時30分〜16時15分
土曜日:09時45分〜10時30分

スーパーポール1、2
土曜日:15時00分〜15時15分、15時25分〜15時40分

レース1、2
日曜日:レース1は10時30分より、レース2は13時10分より
(フィリップアイランド戦は12時00分と14時40分)

レースカレンダー

ラウンド 日付 サーキット
第01戦 2月23日 オーストラリア フィリップアイランド
第02戦 4月13日 スペイン アラゴン
第03戦 4月27日 オランダ アッセン
第04戦 5月11日 イタリア イモラ
第05戦 5月25日 イギリス ドニントンパーク
第06戦 6月6日 マレーシア セパン
第07戦 6月22日 イタリア ミザノ
第08戦 7月06日 ポルトガル ポルティマオ
第09戦 7月13日 アメリカ ラグナ・セカ
第10戦 9月7日 スペイン へレス
第11戦 9月21日 ロシア モスクワ
第12戦 10月5日 フランス マニクール
第13戦 10月19日 南アフリカ パキサ
第14戦 11月2日 カタール ロサイル(要確認)



(Source:2014年02月04日 Panorama 記事より抜粋)



[amazonjs asin=”B007X2PCG0″ locale=”JP” title=”SBK Generations (PS3 輸入版)”]

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. チョコチップ より:

    SBKをしばらくチェックしてなかったら、エリックさんのBuellが参戦するんですね!情報感謝です。
    昔Buell乗ってたので活躍が楽しみです。
    活躍したらいいなぁ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP