Moto3 category

アレックス・リンス痛いニュース、喜ぶのが早すぎた:2014ブルノGP


え〜と…1992年ヘレス戦250ccクラスでキリ選手が同じミスをやってしまって、6位でゴールしたそうなんですが…
(ちなみに、その時の優勝者はローリス・レッジャーニ)
とりあえず、『アレックス・リンスのゴール間違い事件』…軽くまとめてみました。

『リンス:喜ぶには早すぎた』

rins-brno.jpg


★ブルノ決勝戦モト3クラスで、レース終盤に優勝争いを繰り広げていたアレックス・リンスがラスト1周を残し首位でゴールラインを通過した瞬間、ゴールしたものと勘違いしアクセルを閉じて、シートから立上がりガッツポーズをし、その間に後続していた先頭グループのほぼ全員に抜かれてしまった。

★その後、リンス選手は憔悴した様子で9位でゴールした。
2014年08月17日Diario AS記事参照)


そして、こちらが…その…ゴールを間違えた時の映像です。



で、リンス選手が所属するチームの公式サイトの方に、ご本人の残念コメントが出てましたので、ご紹介しますね。



★アレックス・リンスのコメント。
「あの最終ラップを抜かせば、今週末は差し引きポジティブなものでした…金曜日から、マシンの調整作業を進めながら前の方を走れていて…これは悪くなかったと思ってます。あの最後が残念で…完全に僕のミスです。もちろん、言い訳ではありませんが、あの時は大人数のグループの中で走っていて…間違えてしまったんです。本当に申し訳ない事をしました。次戦ではもっと集中し、上手くやるよう頑張ります。」
2014年08月17日EstrellaGalicia00公式サイト記事参照)


上の公式サイト記事には、チームマネージャーであるエミリオ・アルサモーラさんのコメントもありまして…
「レースを終えた感触はほろ苦いものでした…今週末はずっとFPも予選も良かったですからね。昨日はアレックス・マルケスがPPを獲得し、アレックス・リンスは好リズムでもってセカンドローに入っていた…」なんて事が、チラッと書かれておりました(涙)
そう言えば、イタリア衛星TVのインタビューではアルサモーラさん…
確か、「1回は許されるミスだけど、それ以上は駄目」みたいな事を言ってましたねぇ。



[amazonjs asin=”B00KVM5HZA” locale=”JP” title=”清田式 潜在意識の法則 -勘違い編-“]

次だ、次、次!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. bb より:

    走ってる側は必死なんで、笑っちゃいけないんですが・・・
    ウチの息子らは大爆笑してました。

    私は、もし自分がそのライダーだったらと思うと
    チームオーナーやメカニックマン、スポンサーなどにどんな顔を見せればいいのか・・・
    世界滅亡スイッチを押してしまうでしょう。

  2. Camille より:

    2011年のサンマリノGP125ccクラスのザルコを思い出してしまった……。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP