2016アルゼンチンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

Pocket

pawi-gpone.jpg

『2016 アルゼンチンGP モト3 決勝トピックス』

★4月3日(日)、アルゼンチン戦 モト3クラスの決勝レースが行われた。レース開始10分前にレイン宣言。コースはほとんど濡れた状態。レース途中、小雨が降ったが、すぐに止んだ。

★昨年のインディアナポリス戦ではリヴィオ・ロイが似たような状況で1人だけドライタイヤを前後に履き、初優勝を決めた。
今回、ロイ選手は唯一、前後にレインタイヤを選び、第6ラップまでは2位を走行していたが、結局、16位ゴール(ホンダ)。

★優勝はマレーシア人のカイルール・イダム・パウイ(17才、ホンダ機、タディ岡田氏率いるチーム・アジア)。スリックタイヤを選択。ロードレース世界選手権でマレーシア人が優勝するのは初めて。ピットボードでトーンダウンの指示が出され続けたが、終始、無視して滑走。ラスト4周と言うところで最速ラップ1分57秒387を記録。
チームメイトの日本人ヒロキ・オノも6位。

★2位はホルヘ・ナヴァッロ(ホンダ)。

★3位はブラッド・ビンダー(KTM)。

★アダム・ノロディン(マレーシア人、ホンダ)はゴール2つ手前のコーナーで3位を走行中にハイサイド転倒。マシンを押してゴールし、11位。

★イタリア勢トップはアンドレア・ロカテッリの4位(KTM)。

★総合順位は1位ブラッド・ビンダー(36ポイント)、2位ニッコロー・アントネッリ(31ポイント)、3位ホルヘ・ナヴァッロ(29ポイント)。

★VR46チームは18位ニコロー・ブレガ(KTM)、20位ロマーノ・フェナーティ、29位アンドレア・ミーニョ。

★VR46ライダーズアカデミーのニッコロー・アントネッリも10位(ホンダ)。

★アラン・カネ転倒リタイヤ。コース上に残ったマシンは、マーシャルにより撤去された。

(2016年04月03日『Gpone』記事参照)


『2016 アルゼンチン モト3 決勝リザルト』

moto3-gara-2016argentina.jpg moto3-gara-2016argentina2.jpg



『2016 アルゼンチン モト3 総合順位』

moto3-worldstanding-2016argentina.jpg

moto3-worldstanding-2016argentina2.jpg


タディさんも良い笑顔でしたね♡クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, ,

5 Responses to 2016アルゼンチンGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】

  1. ミン 2016年4月4日 at 2:17 AM #

    いや…その正直予想外。

  2. ミスター74 2016年4月4日 at 11:26 AM #

    チーム・アジア、岡田さんおめでとう!(^o^)

  3. happyone 2016年4月6日 at 8:02 AM #

    すごい才能の選手が現れた!
    もしかしたらもしかずるぞ

  4. tomoru 2016年4月7日 at 3:06 PM #

    ウェットでスリックでぶっちぎりってのがスゲェ
    日本人選手も頑張って欲しい。

  5. ブル 2016年4月7日 at 3:28 PM #

    PAWI選手 次戦以降どういった走りをするか楽しみですね!!

    なんだか、125cc時代に日本人レーサーがぶっちぎっていた頃を思い出しましたねぇ・・・

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top