MotoGP

イアンノーネ談その1『今のところ去年のヴィニャーレスより速い』

『イアンノーネ:ヴィニャーレスと比べて?今のところ僕の方が速い』

iannone1 (2).jpg


★アンドレア・イアンノーネがオースティン決勝戦を7位で終え、次のように語った。

「去年はドゥカティ機で良いシーズンを送って…ヴァレンシア最終戦でも表彰台だったし…また違う意欲を抱いてたんですよ。背中のケガも治って、やる気満々だったしね。」

【スズキ移籍当初は好調だったが…】
「ヴァレンシアとセパンのテストでは速かったけど、その後、苦戦し始めてしまって。カタールなんか信じられないような力で頑張ってみたんだけどね。あのスリップ転倒さえなければ表彰台だったでしょ。アルゼンチンの時は良いポテンシャルがあったんだけど…ああ言うことになってしまって。」

【最高のシーズン出だしと言うわけにはいかなかった…】
「色々あったから。ちょっとツイてなかったと言ってもいいだろうし。あまり嬉しくははいけどね。志は高いんだから、喜んでるわけにはいかないでしょ。何がどうしてしまったのか突き止めなければ。ただ、スズキからのプレッシャーとかはないですよ。むしろ、支えてもらってるぐらいで。」

【ロッシ選手が『ヴィニャーレスのおかげでスズキ機の欠点がカバーされていたのでは…』と言っていたが…】
「去年のマーヴェリックのデータがあるんで見てみたんですよ。でも、カタールなんかは僕の方が強い走りをしてますからね。セパンやフィリップアイランド、アルゼンチンもそうです。今年はさらにレベルが上ってしまったんだと思いますけどね。」

【それなのに、スズキ機の方は進歩しなかった?】
「大改革はなかったが、それはそれで正しい選択だったでしょ。選手が2人とも新しくなって、スズキでは僕が入ってきて作業を始めるのを待ってたんだから。スズキの現在の仕事ぶりには満足してますよ。
それに去年と比べたって大した意味なんてないでしょ。マーヴェリックは驚異的な才能のライダーだけど、僕は転倒さえなければ(去年のヴィニャーレスと)同じようなリザルトが取れてたんだから。あの転倒1回がなければ、今だって『完璧なシーズン出だしですね』って話になってたわけでしょ。」

【ヴィニャーレス選手のデータを研究し、他になにか分かった?】
「去年のレースを見る限り、確かにマーヴェリックは速いが、一度もオーバーテイクをかけてないんですよね。ちょっと変でしょ。ヤマハ機では闘士ライダーぶりを見せつけてるのに。
僕もスズキ機だと、その手の問題があるんですよ。オーバーテイクって、これまでずっと僕の強みだったのにね。」

【スズキ機はブレーキングに限界があるってこと?】
「そうです。そう言う局面で良い動きができないし、思うように止まれないんですよ。でも、マシンには長所がたくさんありますけどね。コーナ中盤でのスピードなんか最高だし、俊敏さも凄い。最大バンクの時のグリップも大きいし。改善しなければならない点もいくつかありますけどね。」

【イアンノーネ選手の方でもマシンに合わせる必要がある?】
「もちろん。ドゥカティに4年乗って、マシンを110%フル活用できるようになってたけど、今のところスズキ機ではそのレベルに達してないんで。走り込めば良いだけなんですけどね。保証しますよ…深刻は状況なんかじゃないから。」

[ 後半に続く ]

(2017年04月28日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B01N760DO0″ locale=”JP” title=”2016MotoGP™ MotoGP™クラス年間総集編 DVD”]

プライベートは順調♡クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP