2017 ヘレスGP【モトGP:FP1リザルト&トピックス】

Pocket

2017-jeres-motogp-fp1-dani.jpg

『2017 ヘレス モトGP FP1トピックス』

★5月5日(金)、ヘレス戦 モトGPクラスのFP1が行われた。モト3クラスFP1からウェットコンディション。

★雨が降ったりやんだり、小雨だったり大雨だったり。トラック内の水量も一定ではない。

★土曜〜日曜は晴れの予報。

★首位ダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー、1’51.648)。昨年のPPタイム(ロッシ、1’38”736)より約10秒遅い。

チームメイトのマルク・マルケスは5位(+0.314)。

★2位カル・クラッチロー(ホンダLCR、+0.002)。

★3位ジャック・ミラー(ホンダ・マークVDS、+0.159)。昨年、優勝したアッセンはウェットだった。

チームメイトのティト・ラバトは19位(+)。他の選手らよりも長く走行を続けていた。

★1位〜3位をホンダが独占。

★4位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、+0.182)。

チームメイトのホルヘ・ロレンソは9位(+0.711)。雨は好みではないのに、セッション終了の数分前までは常にトップ5以内を走行。

★6位ジョナス・フォルガー(ヤマハテック3、+0.601、ルーキー)。

チームメイトのヨハン・ザルコは13位(+1.269、ルーキー)。他の選手らよりも長く走行を続けていた。

★7位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+0.702)。

チームメイトのサム・ロウズ(+2.104、ルーキー)。

★8位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック、+0.705)。

チームメイトのスコット・レディングは11位(+1.036)。

★10位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、+0.907)。

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは16位(+1.615)。セカンドマシンはウィング内蔵カウルを使用。リアのスピニングを嘆いていた。

ヤマハ組は電制システム作業を続け、特にトラクションコントロールとエンジンブレーキに手を入れていた。

★12位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、+1.186)。

チームメイトのタクヤ・ツダ(+2.668、リンス代役)。

★14位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー、+1.454)。

チームメイトのブラッドリー・スミスは15位(+1.556)。新エンジン(ビッグバン)のテストが予定されている。

★カレル・アブラハムとエクトル・バルベラはウェットでの走行を避け、ボックス待機。

(2017年5月5日『Gpone』記事参照)
(2017年5月5日『Motorspot.com』記事参照)


『2017 ヘレス モトGP FP1リザルト』

2017-jeres-motogp-fp1.jpg

行け、ピッコロ侍!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top