2017 ムジェッロGP【モトGP:予選リザルト&トピックス】

Pocket

motogp-italian-gp-2017-maverick-vinales-yamaha-factory-racing.jpg

『2017 ムジェッロGP モトGP 予選トピックス』

★6月3日(土)、ムジェッロ戦 モトGPクラスの予選が行われた。

★首位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、1’46.575、総合首位)。FP首位は今季初。2015年PP記録(イアンノーネ、1’46.489)に迫った。
ヴィニャーレス選手のコメント。
「イタリアでのPP獲得はいつだって良いもんですよ。あいにく、昨日の転倒がパフォーマンスに響いてしまって。でも、予選は全力で頑張りました。レースに向けては万全と言えるでしょう。」

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは2位(+0.239)。FP4で転倒。
ロッシ選手のコメント。
「身体の方が良くなっていってます。疲労感も少ないし、痛みも治まってきてますね。マシンについては一歩前進できましたよ。ただ、全選手接近してるから。FP4転倒はもったいなかった。あれで自信が失われてしまってね。」

★3位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、+0.260)。
ドヴィ選手のコメント。
「気に入りましたよ。このタイムを出すのに、けっこうな作業をしました。アグレッシブとスマートな操縦をミックスさせてね。ペース面に関しては悪い出来ではないと思いますよ。」

チームメイトのホルヘ・ロレンソは7位(+0.577)。渋滞を避けるため、早々にトラックに出て、3周タイムアタックをかける作戦だった。

ワイルドカードのミケーレ・ピッロは4位(+0.303)。通常はロレンソ選手のコーチをしている。

★5位ダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー、+0.424)。
チームメイトのマルク・マルケスは6位(+0.475)。最後のタイムアタックでザルコ選手に遭遇し、失速してしまった。

★8位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アスパー、+0.592)。
チームメイトのカレル・アブラハムは21位(予選1で11位)。

★9位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック、+0.691、GP17機)。予選1を2位で通過。2位タイムを記録したが、第5コーナーでトラックの制限を超えて走行したため無効となった。
チームメイトのスコット・レディングは20位(+、GP16機、予選1で10位)。

★10位ティト・ラバト(ホンダ・マークVDS、+0.707)。モトGPキャリア初の予選2参加。
チームメイトのジャック・ミラーは19位(予選1で9位)。

★11位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3、+0.744)。予選1を首位で通過。
チームメイトのジョナス・フォルガーは15位(予選1で5位)。予選1の第11コーナーでスリップ転倒。

★12位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+0.900)。ベストラップを記録する前に『Arrabbiata 2』コーナーでスリップ転倒。午前FP3でも転倒。

★13位カル・クラッチロー(ホンダLCR、予選1で3位)。金曜FP2は首位だった。

★16位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、予選1で6位)。数日前より腸ウィルスで不調。
チームメイトのシルヴァン・ギュントーリは24位(予選1で14位、最下位、リンス代役)。アレックス・リンスはバルセロナGPで復帰する模様。

★18位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー、予選1で8位)。
チームメイトのブラッドリー・スミスは23位(予選1で23位)。

(2017年06月03日『Gpone』記事参照)
(2017年06月03日『Motorsport.com』記事参照)


『2017 ムジェッロGP モトGP Q2リザルト』

motogp-qp2-2017mugello.jpg


『2017 ムジェッロGP モトGP Q1リザルト』

motogp-qp1-2017mugello.jpg


『2017 ムジェッロGP モトGP FP4リザルト』

motogp-fp4-2017mugello.jpg



ホームでロッシ雪辱戦

いいね!クリックPrego

Ad & Relation Links

, , ,

2 Responses to 2017 ムジェッロGP【モトGP:予選リザルト&トピックス】

  1. TKM 2017年6月3日 at 11:02 PM #

    流石先生・・・これはまたバトルが見られるかな?
    何気にラバトがいいグリッドにつけたな。

  2. 半世紀 2017年6月4日 at 4:08 AM #

    怪我人だったよね(笑)‼‼‼1号車だったらPP獲れていたかな?
    鎮痛剤を使っていたのか判りませんが医者の口も塞ぐDOCTOR の鬼神の様なパフォーマンスは圧巻でした!
    順当に行けば前戦の続きの様なバトルが見られそうですが、今年は15人位が一秒以内にいる状況なので何が起きるか全くもって予測が出来ません。
    是非とも得意の戦略戦で故郷に錦を飾って欲しいかぎりです。

コメントを残す

 

Top