2017 鈴鹿8耐【トップ10トライアル リザルト&トピックス】

Pocket

2017-suzuka-8h-top10trial-yamaha.jpg

『2017 鈴鹿8耐 トップ10トライアル リザルト トピックス』

★7月29日(土)第40回、鈴鹿8耐 トップ10トライアルが行われた。

★首位、Yamaha Factory Racing Team、K.ナカスガ/A.ロウズ/M.ファン・デル・マーク組(K.ナカスガ:2’06.038、ヤマハ、Yamaha YZF R1)。
ナカスガ選手が最速で同チーム3年連続でポールポジションを獲得。
2015年ポル・エスパルガローのレコード(2’06.000)に0.038秒及ばずとも僅差の好記録。

★2位、Yoshimura Suzuki Motul Racing、S.ギュントーリ/J.ブルックス/T.ツダ組(T.ツダ:2’06.282、スズキ、Suzuki GSX-R 1000)。ツダ選手が健闘し同チームが2番グリッドを獲得。チームメートのギュントーリ選手が200Rシケインで転倒したがツダ選手がリカバリした。

★3位、Kawasaki Team Green、K.ワタナベ/L.ハスラム/A.S.B.カマルザマン組(L.ハスラム:2’06.381、カワサキ、ZX-10RR)。ハスラム選手が完璧な走りでグリッド3番手を獲得し、強敵ホンダ勢より上位の結果となる。

★4位、F.C.C. TSR Honda、D.エガーター/R.ド・プニエ/J.フック組(D.エガーター:2’06.600、ホンダ、CBR 1000RR SP2)。エガーター選手が素晴らしい走り。

★5位、MuSASHi RT HARC-PRO、T.タカハシ/J.ミラー/T.ナカガミ組(T.ナカガミ:2’06.671、ホンダ、CBR 1000RR SP2)。ナカガミ選手がチームメートのタカハシ選手(2’06″674)に僅差でタイムを上回った。
注目のミラー選手は『ベンチ入り』のみ。他のチームメートはウイークエンドを通しタイムアタック、距離走行共にミラー選手より速かった。

★6位、YART Yamaha Official EWC Team、B.パークス/K.ノザネ/M.フリッツ組(B.パークス:2’07.634、ヤマハ、YZF R1)。同チームは現在EWCチャンピオンシップを視野に入れ健闘。現在チャンピオンシップ3位に付けている。

★7位、Moriwaki Motul Racing、Y.タカハシ/R.キヨナリ/D.リンフット組(Y.タカハシ:2’08.616、ホンダ、CBR 1000RR SP2)。

★8位、Honda Suzuka Racing Team、D.ヒウラ/Y.カメイ/T.ヤスダ組(D.ヒウラ:2’08.178、ホンダ、CBR 1000RR)

★9位、Team Kagayama、Y.カガヤマ/H.シャリーン/N.ウラモト組(H.シャリーン:2’08.553、スズキ、GSX-R 1000)。

★10位、SatuHATI Honda Team Asia、D.エッキー・プラタマ/M.ザクワン・ザイディ/R.ウイライロー組(D.エッキー・プラタマ:2’09.966、ホンダ、CBR 1000RR SP2)。

(2016年7月29日『Corsedimoto』記事参照)


『2017 鈴鹿8耐 トップ10トライアル リザルト』

2017-suzuka-8h-top10trial.jpg


『2017 鈴鹿8耐 スターティンググリッド』

2017-suzuka-8h-strating-grid1.jpg
2017-suzuka-8h-strating-grid2.jpg


さあいよいよ明日が本番、みんな頑張って!

鈴鹿8耐いいね!

Ad & Relation Links

, , , , , , , ,

One Response to 2017 鈴鹿8耐【トップ10トライアル リザルト&トピックス】

  1. 鹿 2017年7月29日 at 10:57 PM #

    モトGPの予選もトップ10トライアルやればいいのに
    少しのポイントもつけて。

コメントを残す

 

Top